水を飲んでダイエット!成功させるにはコツがあった!?

水ダイエットの7つの効果 成功させるにはコツがあった!?

「1日2リットルの水を飲むと痩せられる。」
そんなダイエット法を聞いたことありませんか?

モデルや女優さんが、スタイルキープや健康のために、お水をたくさん飲むようにしているというのもよく聞きますよね。

運動や食事を控えるなどの努力をしてみてもなかなかダイエットの成果が出ずに悩んでいる人も多いことでしょう。そんなあなたにおすすめなのが水ダイエット。
水を飲むだけの簡単なダイエット方法です。

水を正しく飲むことでカラダの健康を維持することができますが、
さらに飲み方次第では健康的に痩せることも可能なのです。

「どのような水を飲めば良いのだろう?」「効果的な飲み方ってあるのだろうか?」など水ダイエットに関するあらゆる疑問についてお答えします。
そして水ダイエットで健康的にスタイルアップし、そのスタイルをキープすることができるようになることでしょう。

今回は水ダイエットの正しい方法と、水を飲むことによって得られる嬉しい効果をたっぷりとご紹介します。

水ダイエットでスタイルアップ&女性らしい美しさを手に入れられるように、是非この記事をお役立てください。

水ダイエットの7つの効果 成功させるにはコツがあった!?

1 水ダイエットとは?

水ダイエットとは水を飲むだけの簡単なダイエット法です。
毎日意識して水を飲むだけで痩せることができます。
しかし本当に水を飲むだけで痩せられるのかという疑問もあると思います。

1-1 水とカラダの関係

1-1水とカラダの関係

私たちのカラダの約60%は水分でできています。
飲料水や食べ物からとった水分は腸で吸収され、血液などの体液になりカラダを循環します。そして様々な役割を果たします。

  • 酸素や栄養素を細胞へ届ける
  • 汗を出し体温を一定に保つ
  • 老廃物を尿として排出する

カラダに溜まった老廃物は、水分(尿や汗)として排出されます。その量は、1日に約2リットル。
すなわち排出してしまう分を補うために1日に2リットルの水分を補給する必要があります。

1-2 1日約2ℓの水を飲む

水ダイエットは1日に2リットル程度の水を飲むことが基本となります。
食事替わりに飲むのではなく、いつもの生活の中で水を飲むことを意識するだけです。
そのため誰でも手軽に行うことができます。

そして、水を飲むことによってさまざまなダイエット効果が期待できるとされています。
水ダイエットによる詳しいダイエット効果は次章でじっくりとご紹介します。

2 水ダイエットの6つの効果

水ダイエットを行うことで以下の6つの効果が期待できます。

2-1 基礎代謝アップ

2-1基礎代謝アップ

★基礎代謝とは・・・★
基礎代謝とは呼吸や心臓の拍動、体温を維持するために必要な最低限のエネルギー消費のことを言います。もちろん寝ている時も基礎代謝は行われています。

この基礎代謝に必要なエネルギーは成人男性で1日に約1,500kcal、女性の場合約1,200kcalと言われています。

★基礎代謝アップとダイエットの関係★
カラダに老廃物が溜まるとカラダの様々な機能に不具合が生じ、基礎代謝が落ちると言われています。
水ダイエットによって水を意識して飲むことで、体内の老廃物を排出することができます。いわゆる、デトックスですね。

その結果、基礎代謝アップにつながるのです。

基礎代謝が上がることでカラダが消費するカロリーも高くなります。
摂取した糖質は基礎代謝のために使われるエネルギーとなり、脂肪としてカラダに蓄積しにくくなります。すなわち太りにくい体質へと変化するということになります。

水を飲む→老廃物が排出される→基礎代謝がアップする→脂肪が蓄積しにくくなる→ダイエット効果

このように基礎代謝をアップさせることはダイエットを成功させるために重要なポイントとなります。

2-2 体温の上昇

2-2体温の上昇

体温を1℃上げることができれば、基礎代謝は約12%アップすると言われています。

水ダイエットには基礎代謝アップの効果があります。基礎代謝がアップし体内でどんどんエネルギーが生み出されることで、自然と体温も上昇すると言われています。

水を飲む→基礎代謝アップ→体温が上がる→基礎代謝がさらにアップする

このように水を飲むことによる体温上昇でさらなる基礎代謝アップが望めます。
水をのむことは太りにくく痩せやすい体質づくりに欠かせません。

2-3 便秘解消

2-3 便秘解消

便の水分量が足りないと便が硬くなり排出しにくくなります。いわゆる便秘ですね。
便秘は腸内環境を悪化させてしまいます。便と共に排出されるはずの毒素が腸内に留まると、腸壁から血液へと毒素が入り込んでしまいます。その毒素が体中を回り、太りやすくなる、疲れやすくなるといったことになると言われています。

水分をしっかりと摂ることで便が柔らかくなり排便はスムーズに。便秘解消の効果が期待できます。
また、便秘が解消されることで、腸内の毒素も排出され腸内環境を整えることができます。
消化吸収も良くなりますので、健康的に痩せる体質に変化することも期待できます。

2-4 食欲抑制

水を飲むことで胃液の酸度が薄まり食欲を抑制すると言われています。水は0kcalのため、たくさん飲んでもカロリーを気にする必要がありません。安心してたっぷり飲めますね。

2-5 血液サラサラ

2-5血液サラサラ

血液の約50%は水分です。水を飲むことで血液自体をサラサラにすると言われています。

血液がドロドロになる原因はいくつかありますが、その1つに水分不足が挙げられます。
血流が悪くなると、カラダの隅々の細胞までしっかりと栄養や酸素が運ばれなくなり新陳代謝が低下します。

新陳代謝が低下すると汗をかきにくくなる、脂肪が燃焼しにくくなるなどのダイエットへの悪影響が生ずると言われています。
基礎代謝だけでなく、新陳代謝もまたダイエット成功のためには重要なんですね。

また、ドロドロ血液は体の不調や病気を引き起こす原因ともなります。
健康に痩せるためにも常に血液はサラサラの状態にしておくことが大切です。

2-6 美肌

2-6美肌

ダイエット中は肌荒れなどの肌トラブルが起きやすいです。水ダイエットは肌トラブルの原因とは反対に美肌効果が期待できます。

水ダイエットによって以下の予防、改善が期待できます。

  • ニキビや吹き出物
  • 乾燥肌
  • しわ、たるみ
  • シミ

【ニキビや吹き出物の予防、改善】
ニキビは吹き出物ができる原因の一つとされているのが体内に溜まった老廃物です。
水を飲むことでニキビの原因となるアクネ菌や皮脂を汗として排出することができると言われています。

【乾燥肌、小じわの予防、改善】
乾燥肌の原因は肌細胞の水不足です。水をしっかりと飲むことで肌細胞に水分が行き届き、乾燥肌を予防、改善する効果があると言われています。
また、乾燥肌を予防することで乾燥によってできてしまう小じわも予防することができます。

2-6 美肌

【しわ、たるみの予防、改善】
しわやたるみは加齢によるものというイメージがありますが、実は水不足もしわやたるみの原因となります。

肌細胞が水不足になると新陳代謝が衰えてしまいます。肌の生まれ変わりがスムーズに行われないと肌が老化し、しみやたるみを引き起こしてしまいます。

水ダイエットによって肌細胞に水がしっかりと行き届くことで、肌の生まれ変わりもスムーズになりしみやたるみを予防、改善する効果が期待できます。

このように水ダイエットによる美肌効果は高いです。水ダイエットで理想のスタイルと美肌の両方をゲットしましょう!

3 水ダイエットの正しい方法

水ダイエットは水を飲むだけのダイエット法ですが、いくつかルールがあります。
間違った方法で行うと効果がでない、体調が悪くなるなども起こり得ます。必ず正しい方法で行うようにしましょう。

3 水ダイエットの正しい方法

3-1 使う水の種類

水ダイエットで飲む水には特に決まりはありません。基本的には自分の好きな水を飲んでください。

「より効果をアップしたい。」
という人のために水を選ぶ際のポイントをご紹介します。

★硬水と軟水どちらが良い?★
水は大きく分けて2種類。ミネラルを多く含む硬水と、ミネラルが少ない軟水があります。
栄養面から見るとミネラルが豊富な硬水が良いように思えますが、水ダイエットでおススメなのは「軟水」です。

海外では硬水が主流の国も多くあります。地域によって多少の違いがありますが、私たちが慣れ親しんでいるのはほぼ軟水です。普段から慣れているため飲みやすいです。
水ダイエットでは毎日2ℓほどの水を飲むため飲みやすさは重要なポイントとなります。

硬水はミネラル類が豊富ではありますが、味に飲みにくさを感じる人も多いと思います。
また硬水は含まれるミネラルの消化、吸収のため胃腸や腎臓に負担をかけてしまい下痢を引き起こす場合があります。
さらには含まれるカルシウムが結晶化し尿路結石を引き起こすこともあります。
ある程度の量の硬水を飲むことはミネラルを補給し健康にも良いですが、あまり大量に飲むのはおすすめできません。

水ダイエットでは軟水を選ぶのが良いでしょう。

★水道水でも大丈夫?★

★水道水でも大丈夫?★

結論から言うと、水ダイエットは水道水で行っても大丈夫です。水道水には殺菌のために塩素が入っていますが、人体に影響がある量ではないため安心して飲めます。

ただしカルキ臭が気になるという人もいることでしょう。
その場合は浄水器を利用する、ウォーターサーバーを利用する、硬度の低いミネラルウォーターを利用するなど、自分に合った水を選び、ダイエットを行ってください。

3-2 飲む量

「水ダイエットでは1日2ℓの水を飲むこと」と言われていますが、これはあくまで目安です。人それぞれ体格や体重に違いがありますので、一概に2ℓ必要とは言えません。

水ダイエットで1日に飲む量は、体重の4%(体重×0.4)となっています。
体重50㎏の人の場合は50×0.4=2ℓ。体重55㎏の人は55×0.4=2.2ℓ。といった風になります。自分の体重に合わせた量の水を飲むようにしましょう。

3-3 正しい飲み方

★こまめに飲むこと★
水ダイエットでは一度に大量の水を飲むのではなく、こまめに少量を飲むようにしましょう。
カラダが一度に吸収できる水の量は約200~250mlと言われています。そのため一度に大量に飲んでも必要分以外は排出されてしまい、水ダイエットの効果は得られません。
かえって胃腸に負担をかけてしまうことになりかねません。
コップ1~2杯の水を1日に数回にわけて飲むことが基本となります。

★こまめに飲むこと★

★のどが渇く前に飲む★
のどが渇いたと感じた時にはすでに体内の水分は足りていない状況にあります。
そのため、のどが渇いたと感じた時に飲んだ分は生命活動のために使われてしまいます。
しっかりとダイエット効果を得るためには、のどが渇く前に水を飲むことを意識してください。

3-4 飲むタイミング

こまめに水を飲むことが大切ですが、実際にはどのようなタイミングで飲むのが効果的なのでしょうか。

★おすすめのタイミング★

  • 起床時
  • 食前
  • 食後
  • 運動前・運動中
  • 入浴前後
  • 就寝前

【起床時】

【起床時】

睡眠中も体内の水分は失われています。起床時は体内の水分が足りない状態のため積極的に水を飲みましょう。
衛生的には歯を磨いた後に飲むのが良いでしょう。

【食前】
食事の30分前に飲むことで食べすぎを防止する効果が期待できます。
しかし、食事直前や食事中、食後は胃液が薄まり消化にわるいため避けましょう。

【運動前・運動中】
運動することで汗をかき体内の水分は減ってしまいます。運動中は当然水分を補給する必要がありますね。
運動後、のどが渇いてから水を飲むのではなく、運動前と運動中も水を飲むようにしましょう。水分不足にならないようにあらかじめ水分を摂っておくことが大切です。

運動の約30分前に水を飲みましょう。運動直前に飲むと胃が重くなって腹痛を起こすことがあるので注意してください。

また運動中も一気に水を飲むのではなく、こまめに少量を飲み水分不足にならないように気をつけましょう。
運動後の水分補給も忘れずに行ってくださいね。

運動前・運動中

【入浴前後】
入浴中は大量の汗をかきます。入浴前後にもしっかりと水を飲みましょう。
半身浴など長時間入浴する場合は、入浴中も水を飲むようにしてください。
お風呂上りはビールなど飲みたくなりますが、ダイエット中はできるだけ我慢しましょうね。

【就寝前】
新陳代謝や汗などによって、寝ている間も体内の水分は失われます。寝る前にも水を飲みましょう。
汗をかかないと思っている冬場もです。
就寝中は腎臓の活動が低下しているため、寝る直前にガブ飲みしてしまうと翌朝むくんでしまう場合があります。就寝する30分前にコップ1杯の水を飲むようにしてください。

上記以外のタイミング以外にもできるだけこまめに飲むようにしましょう。
1回につきコップ1杯(約200ml)を10回程度にわけて飲んでください。

3-5 水の温度

水ダイエットで飲む水は常温、またはぬるま湯です。冷たい水を飲むと体内が冷え代謝が落ちてしまうと言われています。
また胃腸が冷えて消化吸収が下がるとも言われています。夏場などは冷たい水を飲みたくなりますが、我慢して常温かぬるま湯を飲むようにしましょう。

★白湯もおススメ★
水を沸かした白湯でもOKです。
白湯は内臓を温め代謝を活発にする効果があるとされています。白湯を飲むときにはゆっくりと時間をかけて飲むようにしてください。

★白湯もおススメ★

4 水ダイエットの注意点

4-1 飲む量を守る

1日に飲む水の量・・・体重の4%(体重×0.4)

水ダイエットでは1日に飲む水の量を守りましょう。たくさん飲めばその分効果が上がるというものではありません。ダイエット効果と美容、健康のためには適正な量を飲むことが大切です。

水は本来無害ではありますが、飲みすぎることで以下の弊害が起こる危険性があります。

  • 水中毒
  • 脱水症状
  • 不整脈

【水中毒】
水中毒とは水の飲みすぎにより体内のナトリウム濃度が低下してしまうものです。医学的には低ナトリウム血症となります。
症状としては、頭痛、吐き気、嘔吐などがあり、重症化するとけいれんや意識障害を引き起こし、最悪死に至ることもあります。

【脱水症状】
水の飲みすぎでも脱水症状を起こす場合があります。
身体が体液の濃度が薄まるのを防ごうと利尿作用が働き、過剰な水分を尿として排出してしまいます。
その結果、体内の水分が足りなくなり脱水症状を引き起こすことがあります。

【不整脈】
水を一気に大量に飲むと、急激に血液の量が増えます。それにより心臓への負担が大きくなり、血圧が急上昇し脈も速くなります。
水の飲みすぎは心臓や血管に大きな負担をかけてしまうので気をつけましょう。

4-2 お茶やコーヒーはNG

4-2お茶やコーヒーはNG

水ばかり飲んでいると飽きてしまうこともありますよね。
ついつい「ノンカロリーのお茶やブラックコーヒーならOKかも?」

そんなことも考えてしまうものです。
しかし水の代用としてお茶やブラックコーヒーを飲むのはNGです。
お茶やブラックコーヒーにはカフェインなどの成分が入っています。それらの成分はカラダの中で分解する必要があるため、胃腸に負担をかけてしまいます。

また成分を分解することで体内に老廃物を作り出してしまいます。
水ダイエットの目的の一つはカラダの老廃物を排出することです。新たに作り出してしまっては水ダイエットの意味がなくなってしまいます。

水ダイエット中にお茶やコーヒーを飲んでも良いです。
しかし水ダイエットのための水分は必ず水で摂るようにしましょう。

4-3 断食との違い

【断食ダイエットではありません】
水ダイエットと聞くと、食事のかわりに水を飲むといったイメージを持たれる方もいることと思います。

しかし水ダイエットは断食ダイエットではありません。
普段の食生活に水を積極的に摂り入れるダイエット法です。

食事を水だけに変えれば確かに一時的に痩せることは可能です。
しかし、食事を元に戻せばそれまでの栄養不足を補うために、カラダは今まで以上に脂質や糖質を吸収してしまいます。いわゆるリバウンドですね。

水ダイエット中はダイエットを意識したバランスの取れた食事をするようにしてください。その上でこまめに水を飲むようにしましょう。

5 むくむ心配はないの?

5 むくむ心配はないの?

「水ダイエットはむくんでしまいそう。」
そんな心配をお持ちの方もいるかと思います。

結論から言うと、正しく水ダイエットを行えばむくむ心配はありません。
むくみは細胞の間に水分が溜まっている状態です。病気や生活習慣、食生活、腎臓機能の低下などいろいろなことが原因で起こります。

むしろ、充分に水を飲むことでむくみを予防することが期待できます。

水を十分飲むことは体内の老廃物を排出し、基礎代謝を高めます。それによりカラダの機能が正常化することで、しっかりと老廃物とともに水分も体外へ排出されるようになります。

体重がなかなか減らないという人はむくみによって水分が体内に溜まっていることが原因の場合があります。
正しく水ダイエットを行うことで、体内の余分な水分が排出され、体重も減らすことができるでしょう。

6 水ダイエットの口コミ

6水ダイエットの口コミ

水ダイエットを始めて2週間。体重が2キロ減りました。少し食事にも気を付けていますが、水を多めに飲むだけで体重が減るなんて少し驚いています。

便通が良くなり便秘が解消されました。毎日スッキリしています。トイレの回数も増えたのでデトックス効果も期待しています。

ジュースの代わりに水を飲むようにしたところ、むくみが解消され体も軽やかになりました。ニキビもできなくなったので肌への効果もあるようですね。水を飲むだけなのでこれからも続けられそうです。

半年ほどで3㎏痩せました。時間はかかるけど無理せずにダイエットできるのでおススメです。

効果が現れるのに時間がかかる場合もあるようですが、多くの人が水ダイエットに成功しているようです。無理せずにできるのが良いのかもしれませんね。

7 まとめ

毎日水を意識して飲むだけの水ダイエット。カラダに負担をかけず健康的に痩せることができます。
現代人は慢性的に水不足に陥っているとも言われています。水不足を解消するためにも水ダイエットはおススメです。
美容と健康のために身近な水を役立て、健康美を目指しましょう。

■お水に関する記事をこちらのサイトでも~♪
どうぞ参考にしてみてください☆

肌がきれいになるお水がある!?モデルにも人気のシリカ水とは?|綺麗のトリセツ

▼この記事は参考になりましたか?
12345 
(0 投票, 平均点: 0.00)
(★を選択することで5段階評価ができます)
Loading...