ルイボスティーダイエットのポイント!ノンカフェインだから妊婦でも飲めるお茶

ルイボスティーダイエットのポイント!ノンカフェインだから妊婦でも飲めるお茶

憧れのボディを目指し短期間に体重を落とすよりも、無理なくゆっくりとダイエットができたらいいなと思いませんか?
例えば妊娠する前や、健康に気をつけたいとき。

ルイボスティーダイエットは、そんな緩やかな体重の減少を目指すのにはぴったりです!
カフェインゼロですし、健康に有効な成分がたくさん含まれています。

でも、ルイボスティーとそのダイエット方法については詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか?

こちらにサイトでは皆さんに知っていただくために、ルイボスティーダイエットのやり方をわかりやすく紹介しています。
なぜルイボスティーでダイエットできるのか、その仕組みや、ルイボスティーを美味しく飲める方法についても説明しているので、チェックしてみてください。

ノンカフェインのルイボスティーなら妊婦さんでも安心して飲めますから、体重の調整や健康作りにも最適ですよ!

その他、実際にルイボスティーダイエットを体験した方々の口コミも掲載しています。

お子様からご高齢の方、そして妊婦さんでも安心飲めるルイボスティーで、今すぐダイエットを始めてみませんか?

■ルイボスティーダイエットとは!? お茶で痩せられるの!?

■ルイボスティーダイエットとは!? お茶で痩せられるの!?

ルイボスティーダイエットとは、ルイボスティーを味わいながら、その茶葉に含まれる成分によって痩せやすい体質を目指すダイエット法。

基本的にお茶を飲むだけなので、手軽に、特別な時間や場所も必要とすることなく続けられます。

そのダイエットに用いられるルイボスティーは、色こそ紅茶に似ていますが、紅茶や緑茶とは異なる種類の茶葉から作られています。

そもそもルイボスティーの「ルイボス」とは、南アフリカ共和国の山脈一帯に自生するマメ科の植物。
そのルイボスの葉を乾燥させたものは紅茶のように赤い色をしており、ほのかに甘みのあるのが特徴です。

カフェインゼロだから妊婦や子供でも問題なく飲むことができるのもルイボスティーのメリット。

口コミを見るとダイエット効果は緩やかですが、その分、体に優しくダイエットが行えます。

参考URL:https://www.rtroom.co.jp/hpgen/HPB/categories/18565.html

■ルイボスティーダイエットにはこんな効果が!

ルイボスティーにはさまざまな成分が含まれていて、冷え性・妊活・美肌・アレルギー対策などにも期待できると言われています。
その中にはもちろんダイエット効果も!

では、ルイボスティーを飲むことで具体的にはどのようなダイエット効果が得られるでしょうか。
ダイエットにつながるものをご紹介します。

(1) 代謝を高める

(1) 代謝を高める

ルイボスティーに含まれるSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)やビタミンCには強い抗酸化作用があり、それらは体内の活性酸素を除去することで細胞の老化を防ぎ、新陳代謝を高める働きをします。

逆に活性酸素によってどんどん細胞が老化してしまうと、それだけエネルギーの代謝も低下してしまうため、体は痩せにくくなるのです。

また、同様にルイボスティーにはエネルギーの代謝を高めるマグネシウムも含まれています。

ルイボスティーを飲むことで、こうしたエネルギーの代謝を高める成分が豊富に摂取できることになります。

(2) 便秘の解消

ルイボスティーダイエットの口コミを見ると、多くの方から聞こえてくるのが「便秘が解消された!」という声です。

その理由の1つがルイボスティーに含まれるマグネシウム。
マグネシウムには便を柔らかくする働きがあるため、これによって排便がスムーズになるのです。

また、同じくルイボスティーに含まれているSODやビタミンCの抗酸化力で、腸の中の悪玉菌が排出している活性酸素が除去され、腸内環境が整えられるという効果もあります。

(3) 利尿作用でデトックス

ルイボスティーにはカルシウムやマグネシウムなど数多くのミネラルが含まれています。

その中でも体内の水分と塩分のバランスを整え、利尿作用のある成分として知られているのがカリウム。

カリウムが不足してしまうと体は塩分バランスを整えようと水分をため込んでしまいます。

もし、むくみやすいという方がいたら、ひょっとするとそれはカリウム不足が原因かもしれません。

体がむくむと老廃物も水分と一緒に体内に蓄積されがちになります。

カリウムが豊富なルイボスティーを飲むことで利尿作用が発揮され、水分とともに老廃物が排出されてデトックス効果が得られます。

■ルイボスティーダイエットの基本的なやり方

ルイボスティーダイエットを行うとき、ルイボス茶は煮出すのがおすすめ。
そうすることでルイボス茶に含まれる成分がしっかりと水に溶け出すからです。

煮出す時間があまり短いと、成分が充分水に溶けださないままになってしまいます。
煮出す時間は10分以上が理想的です。

薄いほうが好みの場合は、煮出す時間を縮めるのではなく、煮出したあとに水やお湯を入れて味を調整しましょう。

また、アイスで飲みたいときにはティーバッグを入れっぱなしにして冷やすようにするとGood!
成分がさらに水に溶けだしてダイエット効果がアップします。

ただし、もしもルイボスティーに含まれるビタミンCを多く摂りたいというときには、ルイボス茶を煮出すのではなく水出しにしましょう。
ビタミンCは熱に弱いという性質があるため、加熱すると成分が壊れてしまうからです。

また、飲むときには1度にたくさんではなく、1日2~3杯程度、こまめに摂るのが効果的です。
長く飲み続けることで、緩やかにルイボスティーの成分がダイエットに作用していきます。

■ルイボスティーの効果をさらに高める方法

ルイボスティーは長く飲み続けることで緩やかに体を痩せやすい体質へと導いていきます。

でも、もっと劇的なダイエット効果が欲しいって思うときもありますよね!
結婚式や同窓会が近いとか、海水浴で水着になるとか。

■ルイボスティーの効果をさらに高める方法

そんなときは運動をする前にルイボスティーを飲むのがおすすめ!

ルイボスティーによって代謝が高まっている体に運動を加えると、効率良く脂肪が燃焼され、エネルギーとして消費されていきます。

運動はルイボスティーと同様に毎日続けられるものが良いでしょう
例えばストレッチ・ヨガ・ウォーキング・ジョギング・筋トレなど。

運動の合間にルイボスティーを飲むことで水分補給にもなります。

■ルイボスティーに含まれる成分

お茶として楽しめるだけでなく、飲むだけでさまざまな成分を摂取できるのもルイボスティーの魅力です。
そんな成分の中から、特に注目したいものを3つ選んでみました。

(1) 強力な抗酸化作用を持つSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)

成分にSOD(スーパーオキシドディスムターゼ=Superoxide dismutase)を含むことは、ルイボスティーが近年注目を集めている大きな理由の1つ。

SODは体内に発生した活性酸素を分解する酵素の1種で、強い抗酸化作用を持っています。

あらゆる物質を酸化させる活性酸素によって細胞がダメージを受けると、体はサビついたように少しずつ老化し始めます。
もちろんシミやシワなど肌の老化も進行することに……。

また、老化していくとそれだけ代謝も落ちてしまうので体は痩せにくくなっていきます。

SODのメリットは活性酸素を除去するだけではありません。その活性酸素によってダメージを受けた細胞の修復まで行うと言われています。
アンチエイジングや肌のターンオーバーの促進にも良い影響を与える成分です。

(2) 体内では合成できないミネラル

(2) 体内では合成できないミネラル

五大栄養素にも数えられているミネラルは、体の機能を維持するのに必要不可欠な成分です。

ミネラルとは具体的には、カルシウム・鉄・マグネシウムなど無機質の総称で、カルシウムは歯や骨の原料になり、鉄は血を作り、マグネシウムはエネルギーの代謝やタンパク質の合成になくてはならないもの。

ただし、このミネラルは人間の体内で合成することはできないため、食事や飲み物から日々摂取し続けなければなりません。
現代人は食生活の偏りが目立ち、このミネラルも不足しがちです。

と、ここでルイボスティーの出番!
ルイボスティーは、カルシウムやマグネシウムといったミネラルがバランス良く含まれているのが特徴です。

そもそもルイボスティーの原料となるルイボスが育つ栽培地は、土がミネラル豊富であることが多いのです。
ミネラルをたっぷりと含んでいる土で育ったルイボスだからこそ、お茶にしたときにもたくさんのミネラルがお湯に溶け出し、ルイボスティーとして手軽に摂取できるようになります。

(3) 水出しにして摂取したいビタミン

ルイボスティーにはビタミンB1やB2、ビタミンCなどが豊富に含まれています。

ビタミンB1やB2は糖質をエネルギーに変換し、代謝をサポートして皮膚や粘膜の健康を維持する成分。

ビタミンCは抗酸化作用が強く、活性酸素の除去やシミやシワを防ぎます。
また、疲労回復にも有効です。

ただ、ビタミンCは熱に弱い性質があるため、もしルイボスティーから摂取したい場合には水出しをおすすめします。

■ルイボスティーダイエットの副作用って?

ルイボスティーはノンカフェインのお茶の一種なので、薬とは違い副作用などはありません。

ただ、ルイボスティーには便秘を解消するマグネシウムが含まれているため、もともとお腹の弱い人が飲んだ場合は便が緩くなることがあります。

同じく、ルイボスティーに豊富に存在する食物繊維はお腹の弱い人が大量に摂取すると下痢の原因になることも。

お腹があまり丈夫ではないと思う方はルイボスティーを飲みすぎないように気をつけてください。

■ルイボスティーダイエットの口コミ評判

■ルイボスティーダイエットの口コミ評判
「これまで色々とサプリメントを試したり、ダイエット器具も買ったりしたんですが痩せませんでした。ルイボスティーを飲むようになってからは2か月くらいです。自分の体に合っていたのか、びっくりしたことに-10㎏の減量に成功しました。食事制限と運動も同時に行ったので、そのせいも大きいんだと思いますが。でも今まではそれでも痩せなかったからルイボスティーの影響もきっとあったのだと感じています。体は軽くなりました。ルイボスティーは今でも朝と仕事の休み時間に飲んでいます」
「ルイボス茶は淹れたての熱めを、朝と寝る前、喉が渇いたときなど合計1リッターほど、毎日飲んでいます。運動は軽めのものとストレッチを織り交ぜて。そうしていたら体重は2か月で63kgから52kgにまで落ちました。今も51~53kgを維持し、ファッションを楽しんでいます。ルイボス茶を飲んでからは髪にツヤも出てきました。お薬というわけではないので効果を得たいなら地道に継続しなければダメだと思います」
「ルイボスティーが安かったのでダイエット目的で購入してみました。もともと便秘というわけではないけれど、お通じが毎日来るようになったし、体重も減りました。味は癖もなくて飲みやすかったです」
「しっかりと煮出して、いつも500ml以上はルイボスティーを飲んでいます。体重が劇的に落ちるというわけではないですが、増えることはありません。便秘症だったので便通がとても良くなったのは助かりました」
「最初は味になじめなかったのですがすぐに慣れることができました。今だと水みたいにルイボス茶を飲んでいます。体重に大きな変化はないですがお腹周りが多少すっきりしました。これからさらに続けてみたいと思います」
「毎日の飲み物を全部ルイボスティーにしました。食事制限はしておらず、運動もちょっぴり。だいたい1日で1L近くのお茶を飲んでいます。体重変化はまだ見られませんが、便通が良くなって、ウエストも少しほっそりしたみたい。やっぱりもっと運動したほうが効果あるのかもな? 今度からストレッチなど取り入れてみるつもりです」

参考URL:https://www.diet-cafe.jp/2013/09/post-3292.html

■ルイボスティーのアレンジスイーツ

ダイエットや美容健康には良さそうだけれど、ルイボスティーの風味がちょっと苦手だったり、飽きたりしてしまう方もいますよね?

そんなときにはルイボスティーを少しアレンジして飲んだり、工夫して食べたりしやすくしてみてはいかがでしょか。

ルイボスティーをアレンジしたスイーツのレシピをご紹介します。

(1) 甘酒ルイボスチャイ

(1) 甘酒ルイボスチャイ

甘酒と混ぜることでルイボスティーがチャイ風に。
シナモンを加えることでさらに飲みやすくなります。

〔材料〕1人分

  • ルイボスティー 100ml(2分の1カップ)
  • 甘酒 100ml(2分の1カップ
  • シナモン お好み
  1. ルイボスティーを甘酒と1対1の割合で混ぜ、お好みでシナモンを加える。
  2. アイスの場合は冷蔵庫で冷やし、ホットの場合は600wのレンジで1分半加熱して出来上がり。

Cpicon ルイボスティーと甘酒のチャイ風 by ma*m

(2) ルイボスティーのパウンドケーキ

(2) ルイボスティーのパウンドケーキ

ルイボスティーを紅茶パウンドケーキ風にアレンジ!
煮出したあとのルイボスティーの茶葉にも成分は残っているから、それを丸ごと食べられるのもポイントです。

〔材料〕(3~4人分)

  • ルイボスティーの茶葉(煮出したあとでもOK) お好み
  • 薄力粉 100g
  • ベーキングパウダー 5g
  • 卵 1個
  • バター(マーガリンでもOK) 60g
  • てんさい糖(砂糖でもOK) 40g
  1. 薄力粉とベーキングパウダーをビニールの袋の中でもむように混ぜる。
  2. 600wのレンジで1分加熱するなどし溶かしバターを作る。このときレンジを180℃で予熱する。
  3. ボウルに卵を割り入れ、てんさい糖を数回にわけて加えながら、泡だて器でよく混ぜる。
  4. ボウルにルイボスティーの茶葉を加えて軽く混ぜ合わせる。
  5. あらかじめ混ぜ合わせている薄力粉とベーキングパウダーをボウルに入れ、こし器(なければザル)で数回に分けて生地をこす。
  6. 溶かしバターを生地に加える。
  7. パウンド型にクッキングシートを敷き、生地を入れたらトントンと揺らして空気を抜く。
  8. 予熱してあるレンジにパウンド型を入れ、20分間加熱する。
  9. 竹串や箸などを差し、中まで火が通っていることを確認する。レンジから出して粗熱が取れたら出来上がり。

Cpicon 茶葉までおいしく♡ルイボスパウンドケーキ by エリs2

(3) ルイボスミルクティーの寒天ゼリー

(3) ルイボスミルクティーの寒天ゼリー

夏にぴったりなルイボスティーを使ったスイーツ。
砂糖を使わないから低下カロリーでお腹にも優しいです。

〔材料〕(4人分)

  • ルイボスティー 100ml
  • 豆乳 400ml
  • 甘味料(ラカント or エリスリトール、なければ砂糖でOK) 大さじ2
  • 粉寒天 4g
  1. 鍋でルイボスティーを温め、沸騰させないように気をつけながら寒天と甘味料を加えて2分加熱する。
  2. 火を消して、鍋の中を混ぜ続けながら豆乳を少しずつ加える。
  3. お玉で鍋の中身を器に流し入れ、ラップをし、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
  4. 固まったら出来上がり。

Cpicon トロぷるロイヤルルイボスティー寒天 by RaKyu

■ルイボスティーダイエットまとめ

ダイエットしてもなかなか痩せられないという方は、ひょっとすると基礎代謝が低いのかもしれません。
基礎代謝とは何もしていないときのエネルギーの消費量を表すもので、基礎代謝が高いほど脂肪は燃えやすく、それだけ体も痩せやすくなります。

基礎代謝は年齢を重ねると低下していくことも知られています。
同じ量の食事を続けているのに最近太りやすいという人も少なくないですよね。

基礎代謝の低下が気になりだしたら、普段の飲み物をルイボスティーに替えてみてはいかがでしょう。

ルイボスティーダイエットは劇的に痩せられるというわけではないですが、茶葉に含まれている成分により代謝を高め、飲むだけで手軽に続けられるダイエット法です。

さらに効果を高めたい場合は運動と並行することもでき、薬とは違って副作用もないのでどんな人でも気軽に飲むことができます。

朝にコーヒーを飲む習慣のある方も、清涼飲料水をよく飲むという方も、その1杯をルイボスティーに替えてみてください。
せっかく飲み物を飲むのであれば、より健康に良い成分を多く含むルイボスティーがおすすめです!

★ルイボスティーダイエットの記事をこちらのサイトでも公開中♪

ルイボスティーの人気に迫る!女性に嬉しい効果とは?|綺麗のトリセツ

▼この記事は参考になりましたか?
12345 
(0 投票, 平均点: 0.00)
(★を選択することで5段階評価ができます)
Loading...