読むだけ!自然とやる気になるダイエット名言集

読むだけ!自然とやる気になるダイエット名言集

大量の脂肪が身体についてしまった人は、それだけ自分を甘やかしてきたのかもしれません。太ったということは、身体に必要な栄養を超過してまで好きなものを食べてしまったということです。

ダイエットはまずその欲求との闘いから始まります。正しいダイエットはただ食べないということではありません。身体に必要な栄養素を摂り、運動で筋力も維持することです。同時に代謝も促してあげましょう。そして、くじけそうになったときには名言で奮い立たせてください。

1.ダイエット中は叱咤激励してほしい

1.ダイエット中は叱咤激励してほしい

ダイエットは叱咤激励が大切です。なにしろ、自分への甘さから脂肪を蓄えてしまったわけですから、まずはそれに対して叱咤されなければきっかけをつかめない人もいるでしょう。こんな名言をダイエットのきっかけにしてください。

私は、言い訳というものを好みません。なぜならそれ自体が、すでに美しくないからです。言い訳が多い方の身体は、やはり美しくないものです」(叶恭子)

叶恭子さんらしい、素晴らしい言葉です。太っていることを人に指摘されると、さまざまな言い訳をしていないでしょうか。
「食べると親が安心する」「彼はポッチャリが好きだから」など、周囲のせいにする人もいるかもしれません。確かに、周囲がいろいろな食べ物を提供してくるような環境の場合もあります。しかし、それを自制するのはやはり自分の責任なのです。

2.ダイエット初心者向け名言

2.ダイエット初心者向け名言

ダイエットが初めてという人は、早い段階で弱気になってしまうこともあります。
従来の食生活を変えるのは至難の技です。そんなときには、好きなモデルが着用している服や写真を見える場所に飾って目標にするのもいいでしょう。「痩せて必ず自分がこの服を着る」「このモデルさんのように着こなす」と心に決めてください。

しかし、なかなか効果が出なかったり、食事制限が辛くなったりすると、ついつい「どうせ、私なんか痩せたって似合わない」なんてことを考えがちです。こんなときには、この言葉で奮い立たせてください。

「どうせ」というのは、女の人から美しさをどんどん奪っていく言葉だと思うんです」(武田久美子)

その通りです。「どうせ」という言葉はあなたから美しさを奪うだけで、脂肪を奪ってはくれません。流石はアラフィフでありながらあの美しさを維持している武田久美子さんです。考え方が違います。

3.誘惑に負けそうなときに聞きたい名言

3.誘惑に負けそうなときに聞きたい名言

太ってしまう人は、もともと食べることが好きだった人が多いものです。体質も関係するので、食べても太らない人は存在します。または、食べ過ぎた分を上手に消費しているのです。

太る人のほとんどは、カロリー過多に陥っていることが原因として考えられます。食事制限でダイエットを行うと、ついつい我慢できないこともあるかもしれません。
特に、運動を併用していると代謝もアップするので空腹感が増すときがあります。食べ過ぎ予防として、空腹のときには食材を買いに行かないようにしましょう。
できるだけお腹が満たされたときなら、余計なものを買うことも防げます。どうしても食べたくなってしまったときには、この言葉を思い出してください。

私をお腹いっぱいにするものは、私を破壊する」(アンジェリーナ・ジョリー)

厳しいだけに説得力のある言葉です。美しい人は、皆努力をしているということがわかります。

4.キレイになりたい気持ちを後押しする名言

4.キレイになりたい気持ちを後押しする名言

ダイエットは、目標を持って始める人が多いでしょう。健康的な身体づくりももちろん大切ですが、女性の場合なら美しくなりたいというのも大きいものです。
好きな人に振り向いて欲しいときや恋人ができたときも、ダイエットを始めるきっかけになります。痩せると顔の印象も変わりますし、着られる服も変わってきます。ダイエットが成功してくると、男性の態度が変わってくることも実感できるかもしれません。そこで、意中の彼とのすてきな時間に思いをはせる言葉を紹介します。

肉体は隠すためじゃなく、見られるためにあるのよ」(マリリン・モンロー)

普段はダイエットを考えずにきた女性でも、好きな男性ができると痩せたいと思う人は多いものです。今までは服で隠していた脂肪を脱いで、健康的で痩せた身体のラインを見せられるようにしましょう。

5.運動をやる気にさせる名言

5.運動をやる気にさせる名言

ダイエットは、カロリーを考えたバランスの良い食事、そして代謝をアップさせながら筋力をつける運動も必要です。運動は慣れない人がいきなり始めるのはハードルが高いかもしれません。

そんな場合は、まず歩くことから始めましょう。通学や通勤に取り入れれば無理なく歩けます。または、ゆっくり体を動かすヨガもおすすめです。身体の固い人には、固くてもできる初心者向けから始めてください。毎日5分だけでも続けていくと、次第に身体が曲がるようになってきます。身体が曲がるということは、そこについていた脂肪が減っていくことにつながります。
しかし、慣れない人にとって運動は辛いと感じるかもしれません。そんなときには、この言葉が後押ししてくれます。

女性は「美しくなる」と決心すれば、それだけで自信が出てきて、今あるものを最大限に活用していける」(ミランダ・カー)

ダイエットには壁があります。その壁は「美しくなる」という決意で打ち破ってください。

6.くじけそうなときに聞きたい名言

6.くじけそうなときに聞きたい名言

ダイエットをしていると、停滞期間に陥ることがあります。もちろん個人差は見られますが、始めはスムーズに落ちていた脂肪や体重が一定のところから減らなくなるという経験をする人は多いでしょう。ここでやめずに続けることが重要なのですが、限界を感じてしまうかもしれません。そんなときには、さまざまな分野で成功を収めているこの人の言葉が響きます。

人生、頑張っても結果に繋がらない事のほうが多いが、ダイエットは頑張った分100%結果に繋がるんだから、こんなに面白いもんないだろ」(北野武)

そうなのです。世の中には頑張っても必ず結果につながらないこともたくさん存在しています。挫折が多かった人なら、過去の経験がフラッシュバックして「ダイエットもダメかも」と思ってしまうかもしれません。しかしダイエットは、実行すれば結果が出てくれます。そして、自分の自信にもつながります。

7.やる気に火が付く名言

7.やる気に火が付く名言

美味しいものを食べるのはとても幸せな気分になります。ただし、それは適度な量を保って食べる場合です。食べ過ぎて身体に蓄積されてしまえば、見た目の印象も変わってきます。
標準より痩せ過ぎてしまうことも好ましくはありませんが、適度な体重を維持することは健康面でも美しさの面でも重視したいものです。太り過ぎてしまえば見た目の問題だけでなく、そこから将来生活習慣病につながるかもしれません。美しくなりたい、そんな気持ちを強く後押しする言葉があります。

どんな美味しい食べ物でも、痩せているという快感にはかなわない」(ケイト・モス)

スレンダーなラインが魅力的なケイト・モスならではの、説得力のある言葉です。美味しいものの魅力より、痩せていることの快感が勝るように頑張ってみましょう。

8.喝を入れたいときに聞きたい辛口名言

8.喝を入れたいときに聞きたい辛口名言

食べ過ぎてしまうのは、周囲に食べるものが豊富だということです。そして、好きなだけ食べられる環境があるといえるでしょう。それはとても幸せなことです。世の中には食べられない人もいます。自分の身体の維持に必要な量以上に食べたいときには、この言葉を思い出して喝を入れてください。

もし太りたくないなら、食べ物のない子供のことを考えなさい。そうすれば、太るほど食べられません」(オードリー・ヘップバーン)

オードリー・ヘップバーン自身が、戦争時には十分に食べられないという経験をしています。チューリップの球根を調理して空腹をしのぐなど、苦労しているのです。実際に食べられない経験があるからこそ、説得力のある言葉ではないでしょうか。(※1)

(※1)参照元:【ciatr】オードリー・ヘプバーンについてあなたの知らない10のこと

9.まとめ

ダイエットは自分と向き合い、そして自分の弱さと闘うことにあります。
特に食べることが太る原因につながっている人にとって、食べることを制限するのは辛いことでしょう。運動を続けるのも同じです。運動する習慣がついていなかった人にとって体を動かすことは、慣れるまできつい面が出てくるかもしれません。
自分を変えたいと思いながらもなかなかきっかけが掴めないとき、そしてくじけそうになったときには、さまざまな著名人の名言でやる気を起こしてみてください。

言葉の魔法はまだまだある!
こちらでも「名言」を公開してます。
↓↓
有名人・モデルの美の名言集

▼この記事は参考になりましたか?
12345 
(3 投票, 平均点: 5.00)
★を選択することで5段階評価ができます。
Loading...