ロングブレスダイエットは健在!バスト痩せしたくない女子集まれ

ロングブレスダイエット

普段からそれなりに動いてもいるのに、何故か体重が増加中。運動系ダイエット、食事系ダイエット、結構な数をこなしているのに、これという効果が得られない。
頑張っているのに、悩みが解決しないとなると悲しくなりますよね。

でも、諦めたくない!
もし、これまでと違ったタイプのダイエットがあれば期待を持って挑戦しようと思えませんか?

そこで紹介したいのが、「ロングブレスダイエット」です。ロングブレスダイエットとは、数年前に一大ブームとなって方法なので、ご存知の方も多いでしょう。俳優の美木良介さんが発案したダイエット法です。

このダイエットは、これまでのダイエット法とはちょっとタイプが違います。それは、ロングブレスダイエットが名前のとおり、呼吸法がメインのダイエットだからです。
このダイエットはある呼吸法を行うことによって、インナーマッスルを強化し、代謝を上げたり、便秘を解消したりする効果を得ることができます。健康になる上に痩せることができるダイエット法です。

また、ダイエットに成功しても、バストから痩せてしまうということを回避できるのが、ロングブレスダイエットのメリットです。ロングブレスダイエットで一番効率の良いやり方を知ると、確実にダイエット効果をあげ、健康面にもしっかり効果をあげて行くことができます。

今回は、ロングブレスダイエットが痩せるだけでなく、どのような効果があるのか、ロングブレスダイエットだけで本当に激やせは可能なのかなど、気になるお話も紹介しています。

あなたもロングブレスダイエットを知って、痩せるというだけではなく、健康を得て、いつまでも若々しくいられますように。

・ロングブレスダイエットとは

呼吸法でダイエットやアンチエイジングを行うというもの。インナーマッスルを鍛えるための呼吸法なので、あらゆる効果を発揮することができます。

発案者の美木さんご自身も、原因不明と言われていた腰痛を腹横筋などのインナーマッスルを鍛えることで改善されたそう。自前の筋肉がコルセットのような役目をして腰痛を治したのではないかと考えられています。

ただひとつ言えるのは、ロングブレスダイエットで鍛えられるインナーマッスルは、鍛えることで比較的早く良質な筋肉になるのですが、その分衰えるのも早い筋肉です。せっかくの筋肉を衰えさせないためには、毎日少しずつでもトレーニングを続けなければならないということが言えます。

1)発案者

発案者は俳優の美木良介さんです。1980年に俳優デビューし、歌手としても活動されていました。持病である腰痛に長年悩んでおり、それを治すために発案されたのが、ロングブレスダイエットでした。

歩行困難にまでなった腰痛も、ロングブレスダイエットのおかげで治すことができ、体脂肪は6%台です。現在、60歳を超えているとは思えないスタイルはロングブレスダイエットのおかげなのでしょう。

美木良介さん

出展元:https://bokete.jp/odai/436183

2)方法

  1. 顔は正面に向けて、背筋を伸ばして直立しましょう。その際、お尻を中央に向かってきゅっと締め、下腹部に力を入れるようにします。
  2. 左右の足を前後にずらします。まずは右足の土踏まずを左足のかかとに合わせ、重心は後ろ足にかけましょう。
  3. 両腕を頭の上に上げながら、3秒かけていっぱい息を吸い込みましょう。
  4. 両腕を下げながら、口をすぼめ、息を勢いよく出しながら7秒かけて吐き切ります。その際に、下腹部にしっかり力を入れたままにしましょう。
    (ポイント:呼吸の際は、常におなかは極限にへこませて、その状態をキープします。)
  5. 3〜5を1セットと数え、6回繰り返します。
  6. 左右の足の位置を交換して、3〜5を1セットと数え、6回繰り返します。
    (ポイント:背筋が曲がらないようにし、下腹部への意識を常に保ちます。)

3)1日どのくらいやる?

基本的なやり方は1分くらいでロングブレスダイエットはできます。
朝起きてからと夜寝る前に行うようにしましょう。朝は寝ている体を目覚めさせる効果もあり、体じゅうに酸素が取り込まれるので活動がしやすくなります。また、朝代謝を良くすることでダイエット効果を出しやすくなります。

・ロングブレスダイエットの効果

ロングブレスダイエットは、ダイエットに限らず、あらゆる効果があります。それらの効果はどうして得られるのか見て行きましょう。

1)インナーマッスルが鍛えられる

ロングブレスは全身を使って呼吸をするという方法です。
先ほど紹介した方法で強い呼吸をすると、体の奥まで使われているのが体感できますよね。この、普段は意識をして使っていない“体の奥”を意識的に使うことでインナーマッスルを鍛えることができます。
インナーマッスルが鍛えられると、代謝がアップして筋肉の温度、体温が上がります。その結果、内臓の動きもよくなり、内臓回りの脂肪を落とすこともできるのだそう。

2)バストアップ

ダイエットをしたらバストも小さくなってしまった・・・。ダイエット経験者ならあるあるですよね。
ロングブレスダイエットがそのほかのダイエットとの違うのは、ダイエットに成功してもバストサイズがダウンしないということです。

その理由は、大きく呼吸することで、デコルテ周りの筋肉、大胸筋が鍛えられるためです。
バストの土台となる筋肉を鍛え、バストアップやバストの垂れの予防をできるわけですね。ダイエットをしてもバストサイズがダウンしない、むしろバストアップするというのは多くの女性が望むダイエット法でしょう。
ダイエットビフォーアフター

3)ウエストが細くなる

ロングブレスダイエットを行った芸能人も、ウエストが短期間に細くなっていました。その理由は、ロングブレスダイエットがおへその下の「丹田」という場所に力を入れながら呼吸をするためです。

この場所に力を入れながら呼吸をすることによって、お腹や背中の筋肉、お腹の奥にあるインナーマッスルまでまんべんなく鍛えることが可能です。そのため、ウエスト部分が一番早く効果が出るのだそうです。

4)腰痛、肩こり改善

腰痛
腰痛や肩こりの原因は様々ですが、多くは生活習慣による姿勢、体の歪みなどから起こります。

正しい姿勢を長時間キープするために必要なのは腹横筋です。ロングブレスダイエットでは、この腹横筋が鍛えられるので腰痛や肩こりの改善に効果を発揮します。

腹横筋が鍛えられると、筋肉がコルセットのような役割となり、正しい姿勢を長時間キープすることができます。

5)心肺機能が向上する

心肺
ロングブレスダイエットは呼吸法のため、心肺機能の向上にも効果的です。

心肺機能は、体中に酸素や栄養を運ぶために必要な機能です。
この心肺機能が向上すると、血液循環が良くなり、基礎体温や免疫力、代謝をアップさせ、むくみや冷え性の改善などにも効果が期待できます。

また、正常な血圧を維持できることで心疾患の予防にも効果を発揮します。
加齢や疾患によって心肺機能は低下しますから、歩くのがしんどい、動くことがおっくうなど、疲れやすくなっている方は、ロングブレスダイエットで心肺機能をきたえてみましょう。

6)老化を緩やかにする

高齢者老化を緩やかにする効果は、ロングブレスダイエットの発案者である美木良介さんを見れば一目瞭然でしょう。

今で言うイケメン俳優としてデビューされていますから、同じ年齢の一般人に比べて若く見えることは当然なのかもしれませんが、実際には、ロングブレスダイエットをしたおかげで肌に艶が出て、髪の毛も太くなり、周りの人に若くなったと言われたそうです。
肌に艶がある、髪の毛の状態は見た目年齢の決め手になるものです。

・ロングブレスダイエットだけで激やせは可能か?

ロングブレスダイエットだけである程度痩せることは可能です。しかし、それは数㎏程度だと言われています。

では、ロングブレスダイエットで10㎏以上痩せたというような人はどうしているのか
気になりますよね。

デヴィ夫人のブログでは、ロングブレスダイエットで激やせした森公美子さんのお話が書かれています。
この記事を見ると、森公美子さんは8ヶ月で28㎏の減量に成功しています。
しかし、それはロングブレスダイエットだけではなく、毎日のウォーキングや食事によるダイエットも行ったからというものです。

ロングブレスダイエットは確かに効果のあるダイエットではあると思いますが、1回の呼吸の深さもそれぞれ違いますし、番組として劇的な効果を放送するために、さまざまなダイエットを並行させたようにも思えます。

手軽なダイエットをしたい方や、ダイエットをしているけれど思うように効果がでないためもう少し何かプラスしたい、という方はロングプレスダイエットだけで充分だと思いますが、大幅に痩せたい!という場合は、ロングプレスダイエットにその他のダイエット方法を組み合わせましょう。

・ロングブレスダイエットと同時に行いたいダイエットとは?

ストレッチ
先ほど紹介した森貴美子さんの例のように、ウォーキングをしたり、食事の管理をしたりするのが良いでしょう。

歩き方にもコツがある!成功するウォーキングダイエット

近年流行している糖質制限ダイエットなどは、ダイエット効果が出やすいのでお勧めです。

【管理栄養士監修】最も正しく効果的な糖質ダイエットのやり方


どのダイエットが合うかどうか?ということは、それぞれの状況や体質に寄って変わって来ることも事実。よく考えてどのダイエットを同時に行うか考えましょう。

・ロングブレスダイエットの口コミ

スマホをみる女性
成功例

最初はあまり効果がなかったのですが、呼吸法をしっかり習得すると効果が出るようになりました。1週間で3㎏痩せることができ、便秘も解消されて、体調が良いです。私の場合は、ウォーキングを取り入れました。
ロングブレスダイエットと着圧インナーを使って、ウエストサイズを4ヶ月で-15㎝細くしました。普段から呼吸を意識し、手軽な運動はいくつか取り入れていました。
最初はロングブレスを疑っていたのですが、実際やってみるときついですし、だからこそやりがいもあります。ウォーキングは40分くらい歩くことができますが、ロングブレスは5分が限界です。はじめて間もないですが、効果も出ていますよ。

失敗例

私の場合は2週間ほどやってみましたが、効果が出ませんでした。というのは、ロングブレスの呼吸法がどうしてもできなかったからです。私には合わないダイエットだったみたいです。
自分で呼吸法がちゃんと出来ているかが心配でした。結局、単調すぎるダイエットということもあり、途中でやらなくなりました。
私の場合は、治っていた坐骨神経痛が再発してしまいました。どうやら、私の体にはロングブレスが負担だったようです。短い時間で行えて効果がでるということは、ハードなダイエットであることは間違いありません。しかし、真剣に取り組むとかなりカロリーを消費することはできます。自分が無理なくできる範囲で続けることができれば、成功できるダイエットだと思います。

・まとめ

ロングブレスダイエットは呼吸法を行うことでダイエット効果につなげるというものです。インナーマッスルを鍛え、ダイエットやバストアップ、心肺機機能の向上といった効果が期待できます。

しかし、ロングブレスダイエットだけで激やせすることは難しいという意見もあります。ハードな呼吸法のため続けられない、芸能人でロングブレスダイエットに成功した人は、それ以外にもウォーキングや食事療法を行っていたなどの事実があるからです。

どれくらい痩せることができるか、はもちろん個人差があるでしょう。
とはいえ、続けていれば痩せる効果もありますし、基礎代謝を上げて痩せやすく太りにくい体を手に入れることもできるダイエット方法です。
興味のある方はぜひ挑戦してみてください♪

▼この記事は参考になりましたか?
12345 
(0 投票, 平均点: 0.00)
(★を選択することで5段階評価ができます)
Loading...