亜麻仁油で痩せやすい体づくり!ダイエット中に摂るならこれ!

亜麻仁油

「亜麻仁油にダイエット効果があると聞いたけれど本当?」あなたはそのような疑問を持っていませんか?

これまで「ダイエットの大敵と考えられていた油」がココナッツオイルやオリーブオイルのように「ダイエットの味方」になるという新しい常識。
亜麻仁油は、これらの油と同様に、痩せやすい体質作りにピッタリの油なんです。

亜麻仁油の特徴は不飽和脂肪酸で、オメガ3、食物繊維、リグナンといったダイエットに効果的な成分が含まれているということ。
今回の記事では、これらの詳しい効果について、亜麻仁油のダイエット効果を高める「着火剤ジュース」のレシピ、亜麻仁油ダイエットを成功させた方の口コミなどを紹介しています。

さらに、亜麻仁油はダイエット中の食事制限で肌が乾燥しがちという方や、潤いが足りない年齢肌などの悩みにもおすすめなんです。

亜麻仁油で、ダイエットと美容、両方を叶えてみませんか?

亜麻仁油とは

亜麻の花

亜麻の花

亜麻仁油はアマ(亜麻)という花の種子から取れる油です。スーパーで見かけることが多いため食用のイメージがありますが、油絵具のバインダーや木製品の仕上げに用いられるなど、工業的にも利用されます。

種はブラウン種(褐色)とイエロー種(黄色)の2色に別れ、ブラウン種は、食用や工業用として一般的に使われている亜麻仁油。イエロー種は色味が美しく風味に優れている品種とされています。栄養価は大きな違いはありません。

最近では、この亜麻仁油が栄養サプリメントとなって見かけることも多くなりました。それだけ、ダイエット効果や健康効果が高い成分として注目されています。

不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸

油は不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸に分けられますが、亜麻仁油は不飽和脂肪酸です。

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸は「ひとつ以上の不飽和の炭素結合を持つ脂肪酸」のことで、常温で固まらないという性質をもちます。マグロやイワシ、サンマ、サバなどの魚類や、オリーブオイル、ごま油、しそ油、グレープシードなどの植物油に多く含まれています。

血中の中性脂肪やコレステロール値を調節する働きがあるため、積極的に摂ることが推奨されています。

飽和脂肪酸
飽和脂肪酸は「常温で固りやすいという性質」を持ち、ラードやバター、牛脂、ココナッツオイルなどに多く含まれています。

摂りすぎると中性脂肪や悪玉コレステロールを増加させ、高脂血症や動脈硬化になる危険があると言われています。

日本人45~75歳を対象とした研究では、飽和脂肪酸摂取量と心筋梗塞にかかる確率は比例していると発表されました。また、飽和脂肪酸摂取量を減少させることで、冠動脈疾患や動脈硬化、LDL(悪玉)コレステロール値が減少すると示されています。

亜麻仁油のダイエットに効果的な成分

先ほど少し触れた亜麻仁油の成分について詳しく説明しましょう。亜麻仁油はダイエットに効果があると言われています。特に大人の女性に喜ばれる成分を摂取しながらダイエットできるので、ダイエットと健康と美容を手にすることができます。

亜麻仁油の主な成分

  • オメガ3(α-リノレン酸、オレイン酸、リノール酸)
  • 脂質
  • リグナン
  • 水溶性食物繊維
  • 不溶性食物繊維

さて、この中でも特に注目したい3つの成分について紹介しましょう。

①オメガ3

オメガ3は、血糖値と血中インスリンの調節で大きな役割を担うため、脂肪の蓄積を抑制、筋肉内での脂肪燃焼の促進、糖尿病の予防といった効果が期待できます。さらに、運動前に摂ることで、体脂肪量の減少を促進させるという効果もあるそう。亜麻仁油の5~6割はオメガ3で占められているため、「オメガ3が手軽に摂れる」という点で亜麻仁油の人気に火が付いたとも言われています。

オメガ3として挙げられる脂肪酸はα-リノレン酸、EPA、DHA などが挙げられますが、亜麻仁油に含まれているのはα-リノレン酸です。α-リノレン酸は人間の体内でつくることができないため、食べ物などから摂る必要があります。α-リノレン酸は、体内に入ったあと、代謝されてEPA、DHAとなります。

このα-リノレン酸には、血行促進効果があります。血流が悪い方は身体の隅々に栄養を送り届けることができず、ダイエットの大敵である冷え性やむくみ、代謝が落ちてしまうの原因にもなってしまいます。太りやすい、痩せにくいといった問題が、α-リノレン酸の血行促進効果で改善することができるかもしれませんね。

厚生労働省が定めるオメガ3系脂肪酸の1日の摂取基準は、男性は2.1~2.4ℊ、女性は1.8~2.1ℊとなっていますが、この量は亜麻仁油であれば小さじ1杯で基準に達します。妊娠中の方は0.2ℊ多く摂取した方がいいと言われています。妊娠中の人は男性と同じ量の摂取を心がけましょう。


他にも、亜麻仁油にはリノール酸やオレイン酸といった脂肪酸が含まれています。

リノール酸は生活習慣病を予防する効果のある成分です。特に、心筋梗塞などの心疾患の発症を抑える傾向があると言われています。
グレープシードオイルやコーン油、大豆油、サラダ油といった植物油に多く含まれているため、過剰摂取が心配されますが、まったく摂らずに不足してしまうと、お肌の乾燥や皮膚炎といった肌トラブルの心配もあります。

オレイン酸は、悪玉コレステロールを減少させ、腸の動きを活発にするため便秘解消に効果が期待できます。便秘を解消することで体内に溜まっていた毒素を排出することができ、代謝のアップや便秘が原因による肌荒れを改善することができます。

また、体内に善玉コレステロールを増やす効果もあります。
善玉コレステロールとはHDLコレステロールと言われており、血液中の余分なコレステロールが増えるのを防ぐ役割があります。
亜麻仁油

②食物繊維(水溶性食物繊維・不溶性食物繊維)

亜麻仁油には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が含まれています。腸内環境の改善にはこれらの食物繊維をバランスよく摂取することが理想的ですから、亜麻仁油は腸内環境の改善にもピッタリです。

  • 水溶性食物繊維・・・粘着性があるのが特徴で、胃腸内をゆっくり移動するため腹持ちがよく、血糖値の吸収をゆるやかにしてくれるため血糖値の急上昇を予防します。善玉菌のエサとなり、善玉菌を活発にしてくれます。
  • 不溶性食物繊維・・・水に溶けにくく、水分を含むと膨らむという性質をもちます。便のかさを増やし、腸内を刺激して排便を促してくれます。
グッドポーズ

③リグナン

リグナンはダイエット効果はありませんが、ポリフェノールの一種で抗酸化作用や炎症反応を軽減する働きがあり、アンチエイジングにピッタリ。

このリグナンを含む食用植物は多くありますが、中でも亜麻仁油のリグナン含有量はトップレベルです。

リグナンは腸内で女性ホルモンの「エストロゲン」と同様のはたらきを持つ成分に変わります。
エストロゲンというと、美容効果や女性らしい体形や髪、肌への効果がありますが、それらの効果以外にも悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロール値を増やす、骨粗しょう症予防にも効果を発揮します。
ダイエットをしたいと思って、亜麻仁油を摂取しながらも美容や健康にも効果を得られるので、女性には嬉しい成分ですよね。

亜麻仁油ダイエットの方法は?

亜麻仁油を使ったダイエットはいたって簡単です。
毎朝、亜麻仁油を小さじ1~2杯(約40~80Kcal)程度を摂るだけ。

なぜ毎朝なのかというと、空腹状態である朝食時は、摂取した栄養素が吸収されやすいから、そして運動前に摂ることで脂肪の燃焼を早めてくれるからです。

朝は通勤や通学、家事などで体を動かす時間帯でもありますから、朝に摂るのが効果的だと言われているそうです。もちろん、他の時間に飲んでも効果は期待できます。

また、どのように摂取するかというきまりはありませんが、脂肪を燃やすためには補酵素(ビタミン)が必要なので、フルーツや野菜と一緒に摂ると良いでしょう。

亜麻仁油ダイエットをされている多くの方は、そのまま亜麻仁油を飲んだり、ドレッシングの代わりに野菜にかけたりして亜麻仁油を摂り入れているそうです。豆腐や納豆にかける、パスタにかける、スムージーに混ぜるといった方法などもおすすめです。

亜麻仁油ダイエットの注意点

先生

亜麻仁油を摂取するときに注意することがいくつかあります。簡単で手軽なダイエットではありますが、より効果を高めるために注意点は守っていきましょう。

亜麻仁油を加熱しない

亜麻仁油は酸化しやすい性質を持つので、加熱調理をしないようにします。例えば、スープに混ぜたいというときは数分ほど冷めるのを待ってから亜麻仁油をかけるようにし、40度以下で食べるようにしましょう。

亜麻仁油の保存は冷蔵庫

亜麻仁油は冷蔵庫に保管し、直射日光が当たらないようにしましょう。

取りすぎはダメ

亜麻仁油はダイエット効果と健康効果、美容効果もあるので多く摂りたくなってしまいますが、カロリーもあるため摂りすぎはNGです。決められた量を摂るようにしましょう。

長く続けること

短期間で劇的な効果を得るようなダイエットではありません。体質改善によるダイエット効果のため、効果を実感できるようになるまで時間がかかります。即効性が欲しい場合は運動と組み合わせると良いでしょう。

亜麻仁油でつくる「着火剤ジュース」で内臓脂肪を燃やす?!

亜麻仁油の効果を最大限に引き出すためにおすすめなのが「着火剤ジュース」です。

着火剤ジュースの作り方

着火剤ジュース

【材料】3人分

  • にんじん・・・4本
  • りんご(大)・・・1/2個
  • レモン・・・1個
  • 亜麻仁油・・・小さじ半分~1杯

【作り方】

  1. にんじんとりんごは小さめに切り、絞ったレモンと合わせてジューサーにかける。
  2. ジュースができたら、亜麻仁油を混ぜ合わせて完成。

着火剤ジュースの効果

着火剤ジュースは脂肪燃焼効果を狙ったジュースです。脂肪燃焼効果を高めるオメガ3と、脂肪を燃やすときに必要な補酵素(ビタミン)が一度に摂れる優れもの。

この着火剤ジュースを飲むことで、ダイエットに効果的なアディポネクチンというホルモンが分泌されやすくなるそう。アディポネクチンは、ホルモンの一種で、内臓脂肪の元である中性脂肪の燃焼を助け、内臓脂肪が少なくなるとさらに分泌量が増えるのが特長です。

洋ナシ型肥満とりんご型肥満のイメージ画像

亜麻仁油ダイエットの口コミでの反応は?

亜麻仁油の口コミ
毎日朝食に納豆を食べるのですが、その納豆にかけるだけで亜麻仁油を摂取していました。これだけで1年間に4㎏も痩せることができました!
40代 女性
亜麻仁油は朝晩の摂取だけでしたが、それでも便秘が解消し、ぽっこりお腹を解消することができ、ウエストサイズがダウンしました。これまで年々太っていくのが当たり前だったので、一気に数年分の体重をなかったことにしました。
しまいこんでいたスカートも復活です。
30代 女性
年齢的にお肌のことが気になっていました。ダイエットもできて、お肌にも効果がある亜麻仁油のおかげで悩みも解決しつつあります。肌の老化は一気に老けて見えます。ダイエット効果は少ししかありませんでしたが、一番気にしていた乾燥肌に効果があったので嬉しいです。これからも続けていきます。
50代 女性

内臓脂肪が気になる場合、夫婦で行ってみるのもよさそうです。亜麻仁油を摂取するだけなので、早く始めた人から効果が得られますよ!

亜麻仁油がダイエットに健康に美容に効果がある油なので、口コミを見ても好意的な意見が多いように感じます。特に美容の悩みが亜麻仁油を摂取するだけで解決できるのは嬉しいですよね。

まとめ

亜麻仁油は亜麻という花から取れる植物性の油です。ダイエットでは油はNGというイメージがありますが、亜麻仁油はダイエットも美容効果も得ることができます!

亜麻仁油は、オメガ3、食物繊維、リグナンなどのダイエット中に積極的に摂りたい成分が豊富に含まれています。

亜麻仁油ダイエットは1日小さじ1~2杯の油を食事と共に摂取するだけですから、ぜひ試してみてください。フルーツや野菜と一緒に摂るとより効果を高めることができますから、レシピに迷ったら「着火剤ジュース」を作ることもおすすめです。

★亜麻仁油の記事をこちらのサイトでも公開中♪

亜麻仁油を乾燥肌に塗るといい?亜麻仁油のヒミツ|綺麗のトリセツ

▼この記事は参考になりましたか?
12345 
(0 投票, 平均点: 0.00)
(★を選択することで5段階評価ができます)
Loading...