ゼリーダイエットのやり方とは?リバウンドしない方法をチェック!

オレンジゼリー

「ダイエット中にも甘いものが食べたい」
そんな夢のようなダイエットがあればうれしいですよね。

そんな方におすすめなのが「ゼリー」。
甘くておいしいゼリーを使って、ダイエットができるのです♪

確かに、ゼリーだけを毎日食べ続ける方法では、栄養が足りず、痩せたとしてもすぐにリバウンドしてしまいます。
でも、1食だけを置き換えるのなら、あとの2食で栄養を補うことができるので大丈夫!

ゼリーダイエットは「美味しく食べながら」できるダイエット方法なのです。

今回はゼリーダイエットの正しいやり方を解説します。
ダイエット中でも甘いものを食べたい方に役立てていただければ幸いです。

1・ゼリーで痩せる理由とは?

みかんゼリー
ゼリーダイエットは、「寒天」で作られたゼリーを使って置き換えダイエットをする方法です。
それでは、なぜ寒天ゼリーでダイエットができるのでしょうか。その理由を見ていきましょう。

1-1・置き換えでトータルカロリーが減らせる

ゼリーダイエットはトータルカロリーが減らせるのが一番のメリットです。

一般的に、夕飯の平均摂取カロリーは700kcal~1000 kcalだと言われていますが、その夕食をゼリー2個(200kcal)に置き換えるとすれば、500kcal(700kcal-200kcal)もカットできるのです。

さらにそれを30日間続けると、500kcal×30日=15,000kcalのカロリー減となります。
脂肪1kgを減らすのに7,200kcal必要ですから、1か月で最低でも2kgは減る計算です。

(データ出典:https://club.panasonic.jp/diet/calorie_control/advice/30w/lv2/index.html)

安全なダイエットとは、体重の5%減が限界です。
60kgなら月に3kgまで、55kgなら月に2.75kgまでとなり、それ以上の減量は健康に影響を及ぼす心配やリバウンドの原因になります。

つまりゼリーダイエットは、月に2kg減程度のため無理がない方法だといえるのです。

1-2・血糖値が上がりにくく脂肪になりにくい

糖質の多い食事で血糖値が急激に上がると、体内ではインスリンが分泌され、インスリンの働きで使われていないエネルギーは脂肪として蓄積されます。
そのため、ダイエット中は糖質の摂り過ぎに注意しなければなりません。

ゼリーの原料として使われる寒天は、あらゆる食品の中でもトップクラスの食物繊維量を誇ります。
寒天に含まれる水溶性食物繊維は、血糖値の上昇を緩やかにする働きがありますから、インスリンが分泌されず、脂肪が蓄積されにくいのです。

ただし、ゼラチンで固めたゼリーは食物繊維ではなくたんぱく質のため、血糖値に対する効果はありません。
ゼラチンゼリーでもダイエットはできますが、糖質の多いものは避けましょう。
たんぱく質はコラーゲンの原料ですから、美肌効果を高めたい方はゼラチンのゼリーを選んでもいいかもしれません。

<0kcalのゼリーなら血糖値を上げない?>
砂糖不使用の0kcalのゼリーをよく見かけます。
確かにこのような食品は、100gあたりの熱量が5kcal未満なら0kcalと表示できます。
しかし、砂糖の代わりに人工甘味料を使っているため注意が必要です。
人工甘味料は依存性が高いともいわれるため、食べ過ぎないようにしましょう。
もしかしたら甘いもの依存症になっている理由は、0kcalの食品ばかりを選んでいるからかもしれないのです。

また、極端なカロリー制限はリバウンドのもとです。
ゼリーのカロリー程度なら1個100kcal程度で、制限する必要はありません。
そのため、あえて0kcalゼリーばかりを選ぶ必要はないでしょう。

1-3・食物繊維で便秘を解消しやすい

寒天ゼリーは食物繊維が豊富なことはすでに説明しました。
含まれているのは不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類です。

便秘解消には2つの食物繊維をバランスよく摂取しなければなりません。
その点、寒天なら食物繊維のバランスがよく、便秘解消しやすいでしょう。

食物繊維のバランスが崩れると、逆に便秘になったり、下痢になったりします。
不溶性食物繊維は繊維状のもので、とりすぎると便が硬くなり便秘のもとです。
水溶性食物繊維は水を多く含みドロドロになるもので、とりすぎると便が柔らかくなりすぎて下痢になります。

寒天で作ったゼリーは水溶性食物繊維が多く、どちらかというと便が硬くなりやすいタイプの方に向いています。
女性の便秘はホルモンの影響が大きく、便が硬く出にくい方が多いようです。
寒天なら便を柔らかくする水溶性食物繊維が多く、女性の便秘に向いています。

2・ゼリーダイエットの正しいやり方

フルーツゼリー
どのようなダイエットでも、消費カロリー>摂取カロリーの基本は変わりません。
これは運動ダイエットでも、食事制限ダイエットでも一緒です。
どちらにしても摂取カロリーをある程度制限しなければなりません。
その点、カロリー計算が必要ないゼリーダイエットは手軽だと感じるでしょう。

しかし間違ったダイエット方法ではリバウンドしやすいため、正しいやり方を覚える必要があります。
ゼリーダイエットでは次の5つのポイントを守ってください。

2-1・夕食のみをゼリーに置き換える

ゼリーダイエットで痩せた人の口コミを見てみると、夜に置き換えている人が多いです。
夜は高カロリーになりがちなのと、副交感神経が優位になり脂肪を溜め込みやすい時間だからです。

高カロリーの夕食をゼリーに置き換えることで、1日のトータルカロリーも大幅にカットすることができます。
朝や昼を置き換えてしまうと日中お腹がすいてしまいますが、夜は寝るだけなので負担も少なく済みます。

2-2・食べる量は1回につき1~2個まで

果物が入ったゼリーでも、1個は100kcl前後です。
夕食に2個食べても、200kcalで済んでしまいます。
商品によっては0kcalの商品も売られているため、たくさん食べても太らない!と思いますよね。

しかし、いくらゼリーが低カロリー食品だといっても、食べ過ぎは避けましょう。
とくに注意したいのが寒天を使ったゼリーです。
寒天は水分を吸収して膨らみやすく、食べ過ぎると便秘の原因となります。
ゼリーは1~2個までにとどめておきましょう。

2-3・同時に水やお茶を飲む

ゼリーダイエット中は、たっぷりの水やお茶を飲みましょう。

  • 寒天は水を含み満足感が高い
  • 代謝を良くして老廃物排出を促す

この2点の目的があるためです。

寒天は1gで100mlの水を含むといわれています。
そのためゼリーを食べながら水分を摂取すると、お腹が膨らみ満足感が高まるでしょう。
ゼリーだけの置き換えで物足りないと感じる方でも、たっぷりの水分を一緒にとると、1~2個でもある程度の満腹感が得られます。

2-4・どうしても食べたいときは野菜や豆腐をプラス

今まで夕食をしっかり食べていた方は、「ゼリー1~2個では物足りない!」と思うかもしれません。
そのようなときには、野菜や豆腐をプラスしましょう。
サラダを先に食べてからゼリーにすれば、噛むことで満足感も得られます。
毎日野菜サラダばかりで飽きてしまったときは、豆腐料理が役立つでしょう。

最後に甘いゼリーを食べることで血糖値が上がり、脳に「もう満腹です」というシグナルを送ることができます。
人がお腹いっぱいと感じるのは胃がいっぱいになったときではなく、血糖値が上がったときなのです。

2-5・21時以降は食べ物を口にしない

ゼリーダイエット中は、早寝早起きを心がけましょう。
1~2個のゼリーで一時的に満足感が得られても、ゼリーは消化も早いですからやはりお腹は空きます。
いつまでも起きていればお腹が空いて間食したくなるため注意が必要です。

夕食はできるだけ早めに済ませて、21時以降は何も口にしないようにします。
日中に仕事をされている方でも、ゼリーを食べるだけなら調理も必要なく、早い時間に食べられるでしょう。
消化が進んでお腹が空く前に寝てしまえば、ゼリーだけでも物足りない感じがしません。

早寝をすると早起きになり、朝ごはんが楽しみになります。
ゼリーダイエット中は朝にお腹が空いていますから、朝食はたっぷり食べてOKです。

3・リバウンドしないための注意点

女の子
ゼリーダイエットでリバウンドしない、4つのポイントを紹介します。

3-1・1日1食以上置き換えないこと

「来月までに痩せたい」という希望があると、毎食ゼリーを置き換えたくなります。
確かに摂取カロリーが消費カロリーを上回ると痩せます。
しかし、最初はスルスルと体重が減っても、あるとき痩せづらくなっているのに気が付くはずです。

それは、体が飢餓状態になり、消費カロリーをセーブしてしまうからです。
食べ物が入ってこない=命の危機となるため、脳は消費カロリーを抑えて命を守ろうとします。
このような状態では余分な脂肪を消費することはできず、逆に今まで以上に脂肪を溜め込むのです。

リバウンドしないダイエットをするのであれば、1日1食以上の置き換えは避けてください。

3-2・筋肉を減らす極端なカロリー制限はしない

極端なカロリー制限は、自分の筋肉を減らす行為でもあります。
普段私たちは食べ物から糖質というエネルギー源を得ています。
しかし、エネルギーが不足すると、筋肉にあるグリコーゲンをエネルギーとして使います。
筋肉にあるグリコーゲンは限りがありますから、それも足りなければ筋肉自身を分解してエネルギーをつくろうとするのです。

このように、極端な食事制限は自らの筋肉を減らしてしまいます。
筋肉は基礎代謝を上げる大切な役割がありますから、極端な食事制限後は太りやすくなるでしょう。

極端な食事制限ダイエットは、自分で筋肉を減らし、太りやすい体質をつくっていることを認識してください。

3-3・たんぱく質の摂取量を増やすこと

極端な食事制限はエネルギー源の糖質が少ないだけでなく、たんぱく質摂取量も足りていません。
筋肉は日々合成と分解を繰り返しているため、たんぱく質が不足した状態は、ますます筋肉の分解が進んでいきます。

ゼリーダイエット中は1食を置き換えますから、あとの2食でたんぱく質をしっかり補ってください。
摂取の目安は体重×1gです。
60kgなら60g、55kgなら55g必要となります。

「1日50g前後のたんぱく質ってどれくらい?」と思うかもしれません。
定食メニューのたんぱく質の量は、約20gです。
朝と昼に生姜焼き定食のようなメニューを食べれば、1日40g摂取できます。

(データ出典:https://www.weider-jp.com/protein/columns/detail/?id=122&category=health)

ゼリーダイエットは夜にたんぱく質を摂取できないため、朝と昼でしっかりたんぱく質を補うよう意識してみましょう。
1回でたくさん食べられない方は、おやつにゆで卵やチーズなどたんぱく質が多いものを取り入れる方法がおススメです。
また、ゼリーにたんぱく質が含まれているものを活用する方法もあります。

3-4・朝食にしっかり食べることで満足感をUPさせる

ダイエット中は1日1食しっかりとると、満足感が高まります。
朝なら活動量も多く、カロリーが多い食べ物でも問題ありません。
朝食は炭水化物も普通にとってもいいですし、野菜もお肉でも食べられます。

夜はゼリーだけでストレスが溜まりますから、朝しっかり食べることで発散させましょう。

では、ゼリーダイエット中のおやつはどうなのでしょうか?
甘いものを食べて満足感を得ていた方は、1日1回時間を決めて食べましょう。
だらだらとおやつを食べるのは止めて、「午前中に食べる」「3時のおやつの時間に食べる」などルールを決めて食べればOKです。

4・ダイエットに使える市販のゼリー

コーヒーゼリー
最後にゼリーダイエット中に使える市販の商品を紹介します。
主に食べるのはスーパーやコンビニで手に入る寒天ゼリーですが、飽きてしまった場合は次に紹介するゼリーがおすすめです。
ダイエットサポート成分が含まれています。

4-1・ウイダーインゼリーのプロテイン

inゼリー プロテイン

画像出典:https://www.morinaga.co.jp/in/jelly/protein.html

夕食をゼリーに置き換えると、たんぱく質の摂取量が不足することがあります。
ウイダーインゼリーならプロテインタイプが売られていますから、夕食にたんぱく質が補えるでしょう。

ウイダーは森永製菓が販売するプロテイン商品で、ゼリータイプの商品も売られています。
プロテインタイプのゼリーは、1個食べるとたんぱく質5g摂取できます。
1個あたりのカロリーは90lcalで、ビタミンやミネラルも配合する商品です。

デメリットは商品価格が高いことです。
1個定価で200円のため、長く続けるならまとめ買いで単価を安くしましょう。
ドラッグストアやスーパーでは、類似品も売られていますから覗いてみてください。

4-2・こんにゃくゼリー

こんにゃくゼリー

画像出典:http://www.mannanlife.co.jp/lineup/konnyakubatake/grape.html

こんにゃくゼリーは、グルコマンナンという食物繊維が豊富です。
適度な噛みごたえで満足感も高めやすいでしょう。
ぷるんとした食感のゼリーに飽きたら、こんにゃくゼリーも活用してみてください。

こんにゃくゼリーで有名な商品は、マンナンライフから販売されている蒟蒻畑です。
1個あたり25kcalで、12個食べると300kcalになります。
食べ過ぎてしまうときは、蒟蒻畑ライトが便利です。
パウチタイプの商品で、1個食べても39kcalしかありません。

まとめ

最後にゼリーダイエットの詳細を簡単にまとめておきます。

  • ゼリー1個は約100kcalで計算要らずの置き換えに使える
  • 夕食に置き換えるとカロリーダウン効果が高い
  • ダイエット中は水分をしっかり摂取すること
  • 野菜や豆腐をプラスしてもOK
  • 21時以降は食べ物を口にしないように
  • 朝食、昼食、おやつは制限しなくてもOK
  • 筋肉に必要なたんぱく質の摂取量に注意しよう

ゼリーは置き換えに使えるといっても、3食置き換えるような極端なダイエットはおススメできません。
極端なダイエットは体が省エネモードになり脂肪を溜め込みます。
代謝に必要な筋肉も減りやすいため、1日1食以上の置き換えはNGです。

ゼリーダイエットは難しいルールはありませんから、ぜひ挑戦してみてください。
体重が2~3kg痩せるだけでも自分に自信が持てるようになり、オシャレも楽しめるようになります。
雰囲気が変われば男性からも注目されることでしょう。

▼この記事は参考になりましたか?
12345 
(0 投票, 平均点: 0.00)
(★を選択することで5段階評価ができます)
Loading...