全て分かる!リバウンド知らずのファスティング完全ガイド

突然ですが、質問です。

あなたは最近、
太りやすく痩せにくいと思っていませんか。
最近、暴飲暴食が続いていませんか。
疲れが取れないと感じていませんか。
便秘になりやすいと感じていませんか。
下腹部が冷たいと感じていませんか。
肌荒れだと感じていませんか。

これらのいずれかの症状に思い当たる方は、もしかすると、内臓が疲れているのかもしれません。

私たちの身体の中で日々頑張っている、内臓。中でも1日三食+αの食べ物や飲み物を消化する消化器官は、生まれてからこの方、休む暇もなく働き続けています。生まれてから自分の年齢の分だけ、一生懸命働き続けていると、不調になるのは当たり前のこと。内臓も、心身と同じように休みが必要です。

そこで、ファスティングでスッキリリセットしてみるのはいかがでしょうか。
ファスティングには、内臓をリフレッシュさせるだけでなく、心身を整える大きなメリットがあります。この記事は、心身、特に内臓にメリット大のファスティングについてお伝えする記事です。

体の不調やダイエットについてお悩みの方にとって、この記事がお役に立てればと思います。

●ファスティングとは

それではまず、そもそもファスティングとは?ということについてお話しましょう。
ファスティングとは、一言でいうと「断食(だんじき)」のことです。断食とはその名のとおり、食を断つということ。つまり、食べないことです。

ファスティング=断食で有名なものは、イスラム教の断食、ラマダンです。ラマダンの期間は、日中、太陽が上がっている間は何も口にしない、というものです。よく勘違いされるのですが、これはラマダンの期間は全く食べないというわけではなく、あくまでも太陽が上がっている間のみ。日が暮れると食べ物を取ることはできるというものです。

少し話がそれましたが、ファスティングは英語で書くと、”Fasting”です。Fastが基本形で断食するという意味を持ち、その動名詞となります。日本では、断食というよりも、このファスティングという言葉の方が浸透しています。

●ファスティングのメリット

ファスティングのメリットは次のようなことがあげられます。

・内臓の休養

毎日ひっきりなしに働きづめの胃腸を休めリセットさせることは、その後の内臓全体の活動に良い影響をもたらします。休養を取ると、まず、内臓の活動量が上がります。内臓の活動量が上がると、消化器官は消化機能がアップします。

・宿便の改善

上記のように消化機能がアップすることによって、腸の機能が上がります。腸の機能が上がるということは、ぜん動運動が活発になるため、便秘等で溜まっていた便(宿便)が出され、溜まりにくくなります。

・代謝アップ、ダイエット効果アップ

内臓の活動が活発化することによって、熱量が上がり、基礎代謝が上ります。特別な運動をしなくてもエネルギーを消費する体になるため、ファスティング自体がダイエット効果を持ち、ファスティング後も、痩せやすい体になります。

・むくみ改善

代謝が良くなると、血流が良くなり、リンパの流れも良くなるため、むくみが大きく改善されます。

ファスティングの大きな目的の一つは内臓の休養です。特に胃や腸といった消化器官を休ませることです。日々消化に追われている胃や腸はお疲れです。

消化器官の機能低下は、消化そのものの機能低下だけでなく、代謝や血流、リンパの流れ等さまざまな体の機能の低下までも引き起こす原因となります。更には、お肌の肌代謝(ターンオーバー)にも深く関係するもの。
ですから、胃腸の働きを一旦リセットして、再起動することによって、機能を向上させ、宿便を一掃し、体全体の機能を高めることはとても大切なのです。

●食事抜きとファスティングの違い

よく「食事抜き(絶食)とファスティングの違いはあるのでしょうか?同じことですよね?」という質問があります。実はこの二つは似て非なるもの。大きな違いがあります。食事抜きは、単に食事を抜く行為ですが、断食やファスティングは計画的に、意識的に食事(固形物)を“断つ”行為です。

ここで紹介するファスティングの方法については、下で詳しくご紹介しますが、ダイエットや体調改善目的の単なる食事抜きだと、リバウンドをする危険性があり、逆効果です。
ファスティングの場合、計画的に食事をコントロールして、食べ物を口にしない間も、飲み物で水分補給や栄養補給を行います。

単に食事を抜くという行為は、体が飢餓状態になります。いつ栄養が入ってくるか分からないなら、溜められる時に溜められるだけ栄養を溜め込もうという危機管理能力が働き、食べたものをできるだけ脂肪として蓄えようとします。
食事抜きが危険なのはこの溜め込むセンサーが働きやすいという点です。リバウンドはこのセンサーが働くことによって起きやすくなります。

以上のことから、ファスティングで体内をリセットすることは、美容と健康の両方に効果があるということ、
そして、ファスティングはその方法を正しく理解して行うのがとても大切だと言うことがわかります。

この方法を間違ってしまっては、結果が180度違うものになってしまいます。

●ファスティングの正しい方法

それでは、ここからは実際に、ファスティングの正しい方法について見てみることにしましょう。

○大きな流れ

期間を決める

ファスティング実行

回復食(復食)

日常の食生活に戻す

です。

○ファスティングの3タイプ

まずはどのくらいの期間でどんなファスティングを行うかを決めます。
タイプは3つあります。それぞれこんな人に向いています、というおススメとメリットと注意点をご紹介します。

・一日三食ファスティング

こういう方におススメ
とにかく短期間で断食をしたい方、胃腸の疲れを感じている方、代謝を上げたい方、体内をリセットしたい方、不規則的な生活スタイルの方など。

完全ファスティングは、3食とも固形物を取らないファスティングです。1回で1,2日、月1回位がおススメです。1,2日間固形物を取らず酵素やお味噌汁といったものから栄養を摂ります。

メリットは、短期間でしっかりファスティングを行うため、体質改善が目に見えやすいです。
一方、成功のための最大のポイントは回復食(復食)。お粥やうどんといった消化が良く、胃腸に負担がかからないものから、徐々に普通の食事に戻すことが大切です。

・一日二食プチファスティング

こういう方におススメ
ある程度時間をかけられる方、こまめに、定期的にファスティングを行いたい方、生活の中に、柔軟にファスティングを取り入れられる方など。

一日の中で二食ファスティングを行い、一食は普通の食事を行います。一食だけですので三食置き換える場合ほどの即効性はありません。
メリットは、体に負担が少なく、ストレスも少なく、余裕を持って行えるという点です。

・一日一食ファスティング

こういう方におススメ
無理をせずに効果を得たい方、短期間で効果を、というよりは長期的に体質を変えたい方、外食をする機会が比較的少ない方、比較的規則的な生活スタイルの方など

一日一食をファスティングします。
置き換えたら、次の食事は消化に良い軽めのものを取り、その後普通の食事を取り入れるといった方法です。
メリットは、断食の時間が短いため、空腹時が短くて済みます。

〇ファスティングのやり方

方法は次のとおりです。

  • 食事以外の、ファスティングの間は、酵素や具なしのお味噌汁で水分と栄養を摂ります。
    ファスティングの効果を高めたい時は、お味噌汁の出汁もカツオや煮干しといった動物性のものよりも、昆布出汁のような植物性のものがおススメです。

  • 水分は十分とります。その際、コーヒーなどのカフェインが含まれる飲み物、牛乳やヨーグルトドリンクといった乳製品は、胃腸の負担になります。
    ノンカフェインの飲み物やお水を多く摂りましょう。
    目安は1日に1~2リットルです。

  • ミネラルや塩分が足りないと、頭痛や吐き気、体のだるさといった症状が出ることがあります。
    黒砂糖はミネラルが豊富ですし、血糖値を緩やかにしてくれる効果がありますので口に入れてなめると良いでしょう。
    また梅干しをなめることもおススメです。

〇ファスティングの後の回復食(復食)

ファスティングのキーポイントは、回復食にあります。回復食とは、胃腸に負担がかからない、消化に良い食事を行うものです。

ファスティングを頑張ったご褒美に、と、いきなり高脂肪、高糖分といった胃に負担をかける食事に戻してしまうのは危険です。
回復食を正しく取り入れないと、リバウンドや、脂肪を溜めやすい体質の原因となってしまいます。

回復食の期間の目安は、ファスティングを行った期間と同じくらいの期間と考えると良いでしょう。

お粥や野菜スープ



五分がゆ

うどんなど



普通の食事

というように、徐々に普通食(固形物)にしていくと、リバウンドのリスクを抑えられます。
胃腸に負担をかけないためにも、よく噛んで食べることも大切です。

●ファスティングダイエット体験談

プロフィール
年齢 31歳 職業 事務員
身長 157cm 体重 55.7kg
体脂肪率 35% 基礎代謝 1314kcal
BMI 22.6 細くしたい部位 ウエスト:75cm
ダイエットを決意した理由

ウエディングフォトを撮るために身体を絞らねば!と思いました。少しずつでもダイエットのきっかけをつかみたいと思っています。

○○を細くしたい!

○○を細くしたい!ウエストです。手足はさほど太くないのですが、35%の体脂肪のほとんどがお腹についているのでは?と思いたくなるほどのお腹。横から見たときのボリュームがすごいので、少しでも薄くしたい!目標はー10センチ。今回はー3cmになるといいと思っています。

身体の悩み

お腹、お尻など見えないところにどっぷりとお肉がついてしまいます。筋肉がつきづらく全体的にぽよぽよです。

現在の食生活

基本的には自炊で糖質制限をする事を心がけていますが、長年の糖質オフと筋肉のなさで代謝が落ちていそうな気がします。基本的にお米やお菓子が大好きなので、週末にご褒美と言って炭水化物やスイーツを食べて体重が増え、平日に節制して戻るを繰り返しているので痩せません。

今までやったことのあるダイエット

糖質制限で8キロほど痩せました。かなり我慢していたので、すぐに効果が出ましたが、大好きなスイーツやお米を一生我慢するのは無理なので、他の方法がないか模索しています。

日常的な運動

ジリアンマイケルズのDVDでトレーニングしています。週5推奨ですが、週3ほどしか出来ていません。

〇ダイエット日記

●一日三食ファスティング

※朝の計測は起床後、夜の計測は寝る前

ファスティング1日目(2018/08/24)
朝:体重 55.7kg 朝:体脂肪率 35% 朝:数値 75cm ファスティングダイエット
朝食 6:15 具なし味噌汁
だし昆布でしっかりとだしをとりました。お味噌は豆味噌。
具なしですが、たっぷり飲めばお腹も満足でした。
ファスティングダイエット
朝食のカロリー 41kcal
昼食 12:20 具なし味噌汁
作り置きしていた味噌汁をスープジャーに入れて職場にもって行きました。
午前中はほとんど空腹を感じることなくクリア!
ファスティングダイエット
昼食のカロリー 41kcal
間食 15:00/16:00 黒飴2個
階段を上ろうとしたら少しフラっとしたので糖分を補給。しっかり甘いのに一つ21Kcalで意外とダイエット向きの飴です。
ファスティングダイエット
間食のカロリー 42kcal
夕食 19:30 具なし味噌汁
さすがにお腹が空きました。でももう無理!倒れる!みたいな感覚は少ないです。夕食のお味噌汁が染み渡る感じ。
ファスティングダイエット
夕食のカロリー 41kcal
1日の合計カロリー 165kcal
1日の水分摂取量 1800ml
運動 プランク 90秒
スクワット 30回

いつもやっている体幹トレーニングです。お腹が軽くなったからかいつもより楽に感じました。

夜:体重 56kg 夜:体脂肪率 35.8% 夜:数値 75cm ファスティングダイエット
感想 1日目目 思ったよりも辛くない。

お味噌汁だけで過ごすなんてお腹が空いて倒れるんじゃないかと思いきや、意外と平気でした。もちろん空腹感は感じるものの、お腹が空いて眠れない!イライラする!なんてこともなく過ごすことが出来ました。日中少しフラっとしたので、黒飴で糖分補給。思ったより身体が楽なので、明日は少し軽めの運動をしてみようかなー。

ファスティング2日目(2018/08/25)
朝:体重 55.1kg 朝:体脂肪率 34.1% 朝:数値 74cm ファスティングダイエット
朝食 10:00 具なし味噌汁
朝から味噌汁です。10時くらいにいただきました。お休みだったので、新たに作りました。
分量は昨日と同じはずなのに、気持ちしょっぱいように感じました。味覚が研ぎ澄まされてきているのかな?
ファスティングダイエット
朝食のカロリー 41kcal
昼食 16:00 具なし味噌汁
日中スーパーに買出しに行きました。たくさんの試食コーナーでのオススメがあったのですが、不思議と食べたい気持ちになりませんでした。
少し遅めですが16時ごろの昼食。
ファスティングダイエット
昼食のカロリー 41kcal
間食 14:00 黒飴1個
朝起きたときから少し頭痛がありました。低血糖かな?と思って黒飴。でも改善されず。そのまま過ごしました。
ファスティングダイエット
間食のカロリー 21kcal
夕食 具なし味噌汁
20時ころ。ファスティング最後の味噌汁です。
酵素ドリンクでファスティングしていた頃よりも空腹感を感じにくかった気がしています。
ファスティングダイエット
夕食のカロリー 41kcal
1日の合計カロリー 144kcal
1日の水分摂取量 2000ml
運動 スクワット 30回
お尻歩き10回

お腹のでっぱりが気になったので、骨盤ケアのためにお尻歩きを始めました。結構キツイ!

夜:体重 55.2kg 夜:体脂肪率 32.20% 夜:数値 73cm ファスティングダイエット
感想 少し頭痛が・・・

2日間お味噌汁だけですが、不思議なくらい空腹感は感じません。本当に自分で不思議です。
2日目は朝から少し頭痛がありました。我慢できないほどではないのですが、じわじわと痛む感じ。
低血糖かな?と思い黒飴をなめましたが改善されなかったので放置。なので運動も軽めにしました。
夜になると体重がわずかに増えているのは、お水を飲みまくっているからかもしれません!

回復期1日目(2018/08/26)
朝:体重 54.7kg 朝:体脂肪率 35.60% 朝:数値 52cm ファスティングダイエット
朝食 8:30 梅湯流し

ファスティング後の回復食としてオススメされていたものです。
昆布だしで大根を煮て、炒った梅干を入れただけ!出汁と梅干の酸味で満足感も高かったです。1時間ほどかけてゆっくりと食べました。その後1時間しないうちにお通じがどーんと来ました。

ファスティングダイエット
朝食のカロリー 56kcal
昼食 13:00 梅湯流し すりおろしりんご

まだ朝の梅湯流しが残っていたのでお昼もいただきました。少し甘みがほしくなったので、摩り下ろしたりんごをプラス。
味覚が敏感になっているからか、りんごがとっても甘く感じられました。2回目の梅湯流しでもお通じが来てびっくりでした。

ファスティングダイエット
昼食のカロリー 82kcal
間食 なし
間食のカロリー 0kcal
夕食 19:30 グリーンスムージー

相変わらずあまりお腹が空かないので、グリーンスムージーにしました。果物の甘みをしっかりと感じられました。
噛むようにじっくり飲んだら、これだけでお腹がいっぱいでした。

ファスティングダイエット
夕食のカロリー 154kcal
1日の合計カロリー 236kcal
1日の水分摂取量 2000ml
運動 お尻歩き 3往復
スクワット30回
プランク 90秒

今日はかなり体か軽い気がしたので全セットやりました。もう少し運動を増やしてもいいかも!

夜:体重 54.5kg 夜:体脂肪率 35% 夜:数値 73cm ファスティングダイエット
感想 腸内洗浄っぽい!

前からやっていた梅湯流しに挑戦できました。水便がたくさん出ましたが、お腹が痛くないという不思議な感じ。すっきりとしたような気がします。
回復食にしても体重が減っているのは驚きました。

回復期2日目(2018/08/27)
朝:体重 54kg 朝:体脂肪率 35.40% 朝:数値 72cm ファスティングダイエット
朝食 7:30 玄米粥(昆布入り)

初の炭水化物です。玄米ってこんなに甘いんだ!と味の感じ方の変化にびっくりでした。0.5合しか炊いていないのに、半分も食べないでお腹いっぱいです。

ファスティングダイエット
朝食のカロリー 108kcal
昼食 12:30 玄米粥(昆布入り)

朝の残りの玄米粥です。玄米が水分を吸ってかなり柔らかくなっていたので、朝よりも柔らかくなっていました。
今までほとんど空腹を感じていませんでしたが、炭水化物を食べたらお腹が空く感覚がよみがえってきました!

ファスティングダイエット
昼食のカロリー 108kcal
間食 なし
間食のカロリー 0kcal
夕食 18:15 ザクロ&ベリージュース

少し出かけたのでそちらでたまたまいただいたジュースです。
じっくり味わってのんだらお腹がみたされたので、夕食は摂りませんでした。

ファスティングダイエット
夕食のカロリー 80kcal
1日の合計カロリー 296kcal
1日の水分摂取量 1500ml
運動 お尻歩き 3往復

用事がありでかけたこともあり、運動は軽めに。出先で1万歩以上歩いたのと、暑くて汗をかなりかきました。

夜:体重 53.6kg 夜:体脂肪率 33.10% 夜:数値 72cm ファスティングダイエット
感想 短期間で驚きの変化が!

最終日の体重を計って驚きました!4日感で2Kgも体重が落ちるなんて。想像していたより辛くなかったし、なんだか体が軽くなったような気がしています。
もう少し運動をプラスしたらさらにやせそうな気がします。お腹も気持ちへこんだような気がしてうれしいです。

〇4日後のダイエット結果

細くしたかった部分の変化
1日目の写真
細くしたかった部分の変化
4日目の写真

細くしたかった部分の変化
ウエスト75cm→72cm
パンパンだったお腹が全体的に気持ちスッキリしたような気がします。ウエストも3cm細くなりました。
最初は誤差かな?と思っていましたが、日に日に少しずつ細くなっていって変化を実感できました。

全体的な見た目の変化
1日目の写真
全体的な見た目の変化
4日目の写真

全体的な見た目の変化
心なしか前から見た姿もスッキリしたような気がしています。
前からみてもぽっこりしていた下っ腹が引っ込んでくれたような気がしています。

体重の変化
1日目の写真
体重の変化
4日目の写真

体重の変化
体重:初日(朝)55.7kg→最終日(夜)53.6kg 2.1kg減
体脂肪:初日(朝)35%g→最終日(夜)33.1% 1.9%減
マイナス2.1キロでした。たったの4日感でこんなに体重が落ちると思っていなかったのでとてもうれしいです。
体脂肪率も約2%も落ちました!

ダイエット以外の変化

味覚が敏感になりました。昆布の出汁だけでたいていの物は食べられる気がします。
果物の甘み、玄米の香ばしさと甘み、断食したことでダイレクトに感じられました。
あとは体が軽くなりました!階段とかを上るのが楽になった気がします。

自分の頑張り度

80点。
ファスティング中に余計な物を食べなかった、回復食もきちんと調べて食べすぎる事がなかった。
マイナスは運動が軽めだった事。思ったよりも空腹感がなかったので、ウォーキングなどの軽い運動を取り入れればいいと思いました。

これからファスティングダイエットをやる人へのアドバイス

きちんと準備してからはじめるといいと思います。前日は粗食に。ファスティングを行ったのは、仕事の日1日、休みの日1日でやりましたが、個人的には仕事の日の方が一日が早かったように感じます。体調が悪くなければ軽いウォーキングなどを取り入れればよかったなと思っています。

4日間ダイエットの感想

思ったよりも簡単でしっかりと効果を感じられました。日に日に体重が落ちるのはかなりモチベーションアップになります。月一くらいで定期的にやっていきたいなと思いました。

〇ファスティングダイエット体験談レシピ

梅湯流し
ファスティングダイエット
  • 大根1/2
  • 梅干 8個
  • 水 2リットル
  • だし昆布 30g
  1. だし昆布で昆布だしをとる
  2. 大根を40分ほど煮る
  3. 梅干を炒める(別のフライパン)
  4. 梅干を入れて10分程煮る

グリーンスムージー
ファスティングダイエット
  • りんご 1/2個
  • なし 1/3個
  • グリーンキウイ 1個
  • ほうれんそう 2束
  • 水 200ml
  1. 材料を全てミキサーで混ぜるだけ

玄米粥(昆布入り)
ファスティングダイエット
  • 炊いた玄米 1/2合
  • 水 適量
  • 塩 一つまみ
  • 昆布の千切り 適量
  1. 炊いた玄米にたっぷり水を入れて、塩を一つまみ入れて沸騰させないように煮る。
  2. コトコトしてきたら昆布を入れる。

●ファスティングを行う際の注意点

ファスティングを成功させ、リバウンドをさせないためには、いくつかの注意点があります。

○ゆとりのある日に行う

外出の予定やスケジュールが立て込んでいるような日は避けましょう。普段と違い、栄養を十分に取らないため、予期せぬ体調不良がでる心配があります。できるだけ、外出の予定がない、時間にゆとりがある、といった期間に行いましょう。

○生理中は避ける(貧血防止)

生理の前や生理中は、脂肪を溜め込みやすく、ホルモンバランスも乱れぎみです。更に貧血になることもあるため、なるべく避けるようにしましょう。
おススメは生理直後です。生理直後は体が痩せやすい体になっているため、この時期に体内もリセットしてダブルで効果が発揮できます。

○無理をしない

エネルギー摂取量を制限することになりますので、頭痛やだるさといった予期せぬ症状が現れる可能性があります。自分の体の変化を良く見て、無理をせず、場合によってはファスティングを中止することも考えましょう。無理やり続けても良い結果はでません。体調と予定を見て、改めて行う選択肢も考えましょう。

○当日はあまり体を動かさない

摂取量を制限するため、体は一時的に飢餓状態になります。ファスティングを行っている間は、スタミナ不足な状態でもあるため、激しい運動や筋トレは危険です。自分の体調をよく見て、無理のない時間を過ごしましょう。

○筋肉を使った翌日は避ける

筋肉の使い方とファスティング。一見無関係のように見えますが、実は深い関係があります。

筋トレや激しいスポーツを行うと、筋肉は疲労し、酷使していれば、炎症や破損をします。体はこの筋肉を修復するためにたんぱく質を必要としますが、この時に十分なたんぱく質を摂取しておかないと、今ある筋肉を分解し、修復にまわしてしまうのです。

つまり、筋肉を鍛えたいから筋トレをしていたとしても、逆に筋肉を減らしてしまう心配もあるのです。
そのため、筋肉を使った当日や翌日はファスティングを避ける方が良いでしょう。

○持病や疾病がある人は医師に要相談

ファスティングは、エネルギー摂取を制限するため、体に負担がかかります。糖尿病や高血圧といった疾患を持っている方、病気治療中でお薬を服用している方は、予め担当医に相談の上、行うようにしましょう。

●ファスティングQ&A

これってどうなんだろう?これはどうしたらいいんだろう?等、ファスティングに関する疑問質問にお答えします。

空腹に耐えられません。

空腹というのはなかなか辛いものです。特に慣れるまでは「食べられない」「我慢しなければいけない」という思いが強くなりがちです。

筆者もファスティングをした際、慣れるまでは早くご飯時が来るのばかり考えていたような気がします。空腹を紛らわすのにおススメは黒砂糖です。
断食中に不足がちなミネラルを補給できると同時に、血糖値を緩やかに上昇させるので、体への負担も少ない、更に甘いものを食べたという充足感が得られます。


めまいがします。

血糖値が急激に下がる、エネルギー不足によって血圧が下がる、ミネラル不足、水分不足といった原因が考えられます。

こまめにお水を飲む、梅干しや黒砂糖をなめる、少し横になる、といった対処法を行ってみてください。
それでも改善されなかった場合は、無理をせず、ファスティングを中止しましょう。めまいが長時間にわたって続く場合は、早めに医療機関を受診しましょう。


回復食にプロテインバーを食べてもいいですか。

プロテインバーはその名のとおりたんぱく質を豊富に含んでいますが、消化しにくいというデメリットもあります。
回復食には、うどんやおかゆ、バナナ等の消化に良いものを選びましょう。

●まとめ

ファスティングについてまとめてみました。

  • ファスティングは、計画的に食事を断つものです。
  • 体内、特に胃腸といった消化器官をリセットし、ダイエットや便秘解消、宿便の改善に効果があります。
  • ファスティング中は、酵素や水、具なしのお味噌汁やカフェインレスの飲み物を飲み、固形物は避けましょう。
  • ファスティング後は、回復食を食べ、段階的に固形の普通の食事に移行していきましょう。
  • 体調が悪い日、生理の前や生理中は避け、自分の体と良く相談をした上で行いましょう。
  • 生理直後は体が痩せやすい体になっているため、ファスティングに最適です。
  • 無理をせず、自分の体調をよく見極め、もしもの場合は中止しましょう。

○おわりに

ファスティングは、体の中をリセットし、代謝を上げてダイエットに効果的な体質に変えるなど私たちの体にメリットが沢山あることが分かりました。
よくよく考えてみると、私たちが週末に体を休めたとしても、内臓は働きづめですから、お疲れの状態かも。これではパフォーマンスが悪くなる、というのもうなずけます。

実際筆者も体験しましたが、正にリセット。
スッキリした体と体調は、心にもいいことずくめです。ダイエット目的の方も、腸内環境リセット目的の方も、是非一度、このスッキリとした爽快感を体感していただきたいですね。

■ファスティングの記事をこちらのサイトでも公開してます!

朝食抜きでプチ断食!簡単にできる朝食抜きファスティング|綺麗のトリセツ

▼この記事は参考になりましたか?
12345 
(0 投票, 平均点: 0.00)
(★を選択することで5段階評価ができます)
Loading...