チョコレートダイエットで痩せるって嘘?本当?正しいやり方を紹介!

チョコレートダイエットで痩せるって嘘?本当?正しいやり方を紹介!

「チョコレートは痩せるって聞いたけど本当かな?」
あなたは今このような疑問を持っているのではないでしょうか。

増えてしまった体重をどうにかしたくても、食べることや甘い物が好きな方は、ダイエットを成功させるのが難しいかもしれません。
そんな方でも「ダイエット中もチョコレートを食べて良いのなら頑張れそう」と思いませんか?

そんなあなたに朗報です。
「食前にチョコレートを食べる」というダイエット方法があります!

確かにチョコレートにはカロリーや脂質も多く、ダイエットの大敵だと思われています。
ついついチョコレートを食べ過ぎてしまい、体重が増えてしまったという経験をお持ちの方もいるでしょう。
実は、チョコレートダイエットで大切なポイントは「ダイエットに最適なチョコレート」を選ぶこと。それはカカオが多く配合された高カカオチョコレートです。

高カカオチョコレートは食欲を抑える効果があるだけでなく、腸内環境を整える効果も期待できます。

今回はチョコレートダイエットの正しいやり方を解説していきます。
ただチョコレートを食べるだけでは痩せることはできませんから、正しい方法を確認してからダイエットに取り組んでみてください。

1.チョコレートダイエットの効果とは?

1.チョコレートダイエットの効果とは?

チョコレートダイエットは4つの効果が期待できます。

  • 食欲を抑える
  • ポリフェノールで血液サラサラ&代謝アップ
  • 不溶性食物繊維で便秘解消
  • ダイエット中のストレス緩和

この4つの効果です。
具体的にどんなメカニズムなのか解説していきます。

・食欲を抑える

ダイエット中に問題となるのが、「食欲をどうやって抑えるか?」ということでしょう。
低カロリーダイエットや、食事の量を減らすダイエットを続けてきた人にとって、食欲をどう抑えるかは大きな問題となってきました。

人は血糖値が下がったときに空腹を感じます。
食欲をコントロールしている部分は脳で、脳はさまざまな状態からエネルギー不足を察知しています。
エネルギーが足りなければ「死」を意味することですから、空腹は危機的な状況なわけです。

そのエネルギー不足を感知する方法のひとつが、血糖値の低下です。
食事をとると血糖値は自然と上がり、栄養が満たされます。
逆に空腹状態になれば血糖値は下がるでしょう。
この単純な体の働きを活用しながら、脳は体に必要なエネルギー状態があるか判断しています。

つまり食欲を抑えるポイントは血糖値だったわけです。

チョコレートダイエットは食前にチョコレートを食べて血糖値を上げる方法で、自然と食欲がおさまり、食べ過ぎを防ぎます。
血糖値が上がれば脳はエネルギー不足じゃないと判断して、食欲を抑えようとするからです。

お腹がいっぱいじゃなくても、単純に血糖値を上げるだけで、空腹感を和らげることができるのです。

さらに血糖値の上昇は食事でも調節することが可能です。
空腹を抑えるために血糖値を上げると食欲が低下するのですから、「当然炭水化物が多い食事をするのがいい」と思うかもしれません。

しかし、炭水化物により血糖値が急激に上がるとその後インスリンがたくさん分泌され、血糖値を下げようとする働きがおこるため、急激に血糖値が下がってしまうのです。
「食事をちゃんととったのにまだ食べたい・・・」
このような状況は血糖値の急上昇と急下降が原因となっています。

血糖値を上げることは空腹を抑えるために必要なのですが、血糖値の上昇が急激すぎても、そのあとに血糖値が下がり過ぎるため、食欲はコントロールできません。
お腹が満たされる食べ方とは、血糖値がゆっくり上昇し、長時間血糖値が満たされることです。
たんに血糖値を上げさえすれば、食欲はおさまるわけではありません。

血糖値の上昇を抑える食事法では、幾つかのポイントがあります。

  • 野菜に含まれる食物繊維を摂取する
  • 油が含まれているものをとる
  • 炭水化物ばかりとらない

このような対策で食事内容に注意しながら、血糖値が上がり過ぎない工夫をしましょう。
ついつい食事で食べ過ぎてしまう方は、食前にチョコレートを食べて血糖値を上げておく対策もプラスしてみてください。

さらにチョコレートダイエットは、食事を急いで食べてしまう方にもおススメです。

食事で満腹感を感じるのは血糖値の上昇が必要で、血糖値が上がってもすぐに脳に伝わるわけではありません。
脳の満腹中枢に伝わるには20分くらいかかるため、その前に食べ終わってしまえば、食事の量が多くなってしまうのです。

食事前にチョコレートを食べて血糖値を上げておけば、早食いの方でも早い段階で満腹中枢が刺激され、いつもより食べ過ぎを防ぐことができます。

・ポリフェノールで血液サラサラ&代謝UP!

なかなか痩せない原因ひとつとして考えられるのが、冷えや血液ドロドロによる血行不良です。
血流が悪く末梢の細胞に酸素や栄養が届かないと、太りやすくなります。
血行不良は老廃物の回収が滞るため、むくみの原因にもなるのです。

ではなぜ細胞に酸素が届かないと太るのでしょうか?
その理由は、脂肪燃焼には酸素が必要だからです。

私たちがいう余分な脂肪とは「白色脂肪細胞」のことです。
体で使い切れなかったエネルギーが中性脂肪となり、皮下や内臓脂肪へ白色脂肪細胞が溜まっていきます。

脂肪がたまるとは、食べ過ぎているか、運動不足で余分なエネルギーが余っていて、血液中に中性脂肪が増えている状態です。
逆に痩せていくのはこの反対で、血液中に中性脂肪がなくなり、エネルギーが不足しているため体に蓄積した脂肪細胞を燃焼させています。

不足したエネルギーの確保は次のような順番でおこります。

  • 血液中の糖質をエネルギーとして使う
  • 足りなくなったので肝臓や筋肉に蓄えた糖質を使う
  • 足りなくなったので細胞に溜め込んだ脂肪を使う

蓄えた脂肪を燃焼させるのは最後で、血液中に糖を余らせない食生活や運動習慣を続けなければなりません。

さらに細胞に蓄えられた脂肪は、遊離脂肪酸に分解してからでないとエネルギーとして活用できません。
寒さの刺激や運動によりアドレナリンやノルアドレナリンが分泌されると、脂肪を分解する酵素のリパーゼの働きが活発になり、脂肪から遊離脂肪酸とグリセロールに分解します。
こうやって不足するエネルギーを補っているのです。

このとき分解した遊離脂肪酸をエネルギーとして使うには酸素が必要です。
酸素は血液を通して全身に運ばれていくため、血行不良があれば酸素不足で、せっかく分解した遊離脂肪酸をエネルギーとして使うことができません。

全身に酸素を届ける方法は、有酸素運動もそのひとつです。
脂肪を減らすためには有酸素運動が有効だといわれています。
息が切れるような運動は体の隅々まで酸素を届けることはできず、脂肪は燃えません。

血液がドロドロの状態でも隅々まで酸素がいきわたらなくなり、代謝が落ちて太りやすい体質になってしまうのです。

もうひとつ痩せたい人が注意したいのが、老廃物の回収や余分な水分の取り込みです。
むくみは血流とおおいに関係があります。
細胞の代謝により発生した老廃物は、血液やリンパを通り腎臓に運ばれてろ過され、必要な栄養は回収して、不要なら尿と一緒に排出する仕組みがあるのです。
血液が全身をめぐるのは約30秒で、あっという間にめぐっています。

老廃物や余分な水分の回収は最初静脈でおこなわれ、回収しきれなかった部分がリンパを通りおこなわれます。
血液がドロドロで血流が悪いとは、静脈の流れも滞っている状態です。
このままでは静脈で老廃物や余分な水分の回収がしきれず、リンパに過剰な負担をかけてしまい、老廃物や水分が余ってこれがむくみになります。

このような体質の方におススメなのがチョコレートです。
チョコレートに含まれるポリフェノールには血液サラサラ効果が期待できます。
そのため脂肪の燃焼も老廃物や水分の回収も助けると考えられます。

実際にポリフェノールの一種カカオポリフェノールは、血流をアップさせるさまざまな効果が確認されているようです。

  • 血管を広げ血圧を下げる効果
  • 悪玉コレステロールの酸化を防ぐ
  • 善玉コレステロールの増加を助ける

これらの効果です。

このように・チョコレートに含まれるポリフェノールは血管を広げ動脈硬化を防ぐ働きがあるため、血液サラサラ対策に使うことができます。
冷えがあって血流が悪い方や、食生活の問題や運動不足で血液がドロドロになりやすい方にも、チョコレートダイエットはおススメです。

・不溶性食物繊維で便秘解消

チョコレートには「リグニン」という不溶性食物繊維が含まれています。
リグニンは木の構成成分で別名「木質素」とも呼ばれているものです。
木材からパルプを作る際にリグニンを除去しますが、最近ではリグニン活用の開発もおこなわれるようになりました。

食品に含まれるリグニンは、チョコレート、ふすま、イチゴ、豆類などがあります。
チョコレートからリグニンの摂取をする場合は、高カカオチョコレートを選ぶようにしましょう。
なぜならカカオ86%の高カカオチョコレート100g中には14gもの食物繊維が含まれていることがわかっているからです。
これは同じ量のあずきやおからより多く、高チョコレートは食物繊維摂取目的の食品として優れています。
出典:https://books.google.co.jp/books?id=G8Y_DwAAQBAJ&lpg=PT65&dq=%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%20%E4%B8%8D%E6%BA%B6%E6%80%A7%E9%A3%9F%E7%89%A9%E7%B9%8A%E7%B6%AD&hl=ja&pg=PT65#v=onepage&q=%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%20%E4%B8%8D%E6%BA%B6%E6%80%A7%E9%A3%9F%E7%89%A9%E7%B9%8A%E7%B6%AD&f=false

食物繊維の不溶性食物繊維とは、腸のぜん動運動を促す働きがあります。
水に溶けない性質を持ち、そのまま大腸まで運ばれて、水分を吸収して膨らみ、便のかさを増やすのに役立つ成分です。

チョコレートで食物繊維を摂取すると、排便を促しデトックス効果が得られるでしょう。
ほかにも食物繊維はダイエットに使える効果があります。

  • 満足感を与える
  • 血糖値の上昇を抑える

この2つの作用です。

食事の前に高カカオチョコレートを食べておけば、血糖値の上昇による食欲抑制効果と、食物繊維による食べ過ぎ防止効果が期待できるのです。

食事をすることで血糖値が上がり、糖がエネルギーとして使われなかった分は、インスリンにより脂肪として溜め込まれてしまいます。
だから太らないためにはインスリンの分泌量を少なくすることが重要です。
食事の前に高カカオチョコレートを食べて食物繊維を摂取しておけば、血糖値が上がりにくくなり、インスリンの分泌が抑えられ、脂肪が蓄積されにくくなると考えられます。

血糖値の上昇を防ぎインスリンを多く分泌させない対策は、食べる順番を変える方法もおススメです。
たとえば生姜焼きに添えられているキャベツから先に食べて、次にお肉、味噌汁、ごはんといったように、血糖値が上がりにくいものから食べます。
最初に食物繊維をとることで満足感が高まり、血糖値も急上昇しにくくなるため、太りにくくなるでしょう。
野菜といってもイモやカボチャのように糖質が多いものは、最後のほうに食べてください。

外食などで野菜をたくさんとることができないときも、高カカオチョコレートを持参しておけば、食前に食物繊維が摂取できます。
チョコレートは携帯性に優れているため、普段仕事をしていて外食が多い方にもおススメの食品です。

・ダイエット中のストレス緩和

もうひとつ、チョコレートダイエットには食欲を抑える目的があります。
それは「ストレスによる食べ過ぎを防止する」ということです。
ストレスは体にとって危機的状況で、それに立ち向かうためエネルギーをより吸収しようとします。
ストレスホルモンのコルチゾールは食欲を高めてしまうため、ダイエット中には大敵です。

チョコレートダイエットは甘いものを食べて心が満たされやすく、チョコレートに含まれるGABAの作用でイライラを抑える働きが期待できます。

GABAとは植物や動物が持つアミノ酸の一種です。
「γ-アミノ酪酸」とも呼ばれています。
英語で「Gamma-Amino Buryric Acid」と表記するため、頭文字を取ってGABAとなりました。

GABAは私たちの体でもつくられているもので、脳や脊髄に働き興奮を抑え、リラックス効果があることがわかっている成分です。
もともとGABAは体内で十分な量がつくられているのですが、強いストレスがかかるとたくさんGABAを消費してしまい足りなくなります。
そこで注目したいのが、チョコレートに含まれるGABAです。

ところがGABAは食べ物から摂取しても、直接脳内に入り込むことはできません。
脳はもともと異物を入り込まないよう関所のようなものが存在していて、食品から摂取したGABAも関所を通り抜けることはできないのです。

では、なぜチョコレートのGABAにリラックス効果があるといわれるのでしょうか?
それは2つの作用が考えられています。

  • 血圧を下げる働きにより間接的にリラックスする
  • 腸からGABAが取り込まれリラックスさせる

GABAの血圧降下作用はさまざまな実験で証明されているもので、実際にトクホにもGABAを使った血圧高めの人向けの商品が販売されています。
血圧が下がると気分が落ち着きやすくリラックスすると考えられているようです。

そしてGABAの働きで重要となるのが、腸にあるGABA受容体からの取り込みです。
受容体とは特定の成分が取り込まれ作用するために必要なもので、鍵と鍵穴のようなペアになっています。
脳にはGABAを取り込む受容体が存在しており、GAGAが作用してリラックス効果をもたらすのです。
腸にもGABAを取り込む受容体の存在がわかっていて、GABAは腸から取り込まれ脳に働きかけていると考えられています。

GABAによるリラックス効果は、中村学院大学・中村学院大学短期大学の研究内容が参考になるでしょう。
女子学生14名を対象にGABAを摂取させ、ストレスを与えて実験しました。
するとストレス前摂取では疲れや気分の項目で有意な差が見られたそうです。
体表面温度の変化では、ストレス前摂取で背中の体温上昇が見られ、ストレス後摂取では抹消部で高値となりました。
リラックスしたときは副交感神経が働き皮膚温が上昇し、末梢部への血流がよくなります。
そのため、この実験でGABAはストレスに対し効果があったと考えられるでしょう。
リンク⇒https://nakamura-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=45&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このようにチョコレートに含まれるGABAはイライラを抑制し、ダイエットの強い味方になってくれます。
日々の生活でストレスを感じて食欲が増えてしまう方は、チョコレートを食べてストレス対策をしてみましょう。

2.チョコレートダイエット体験談

プロフィール
年齢 33歳 職業 専業主婦兼ライター
身長 158cm 体重 45kg
体脂肪率 23% 基礎代謝 1,210 kcal
BMI 18 細くしたい部位 太もも:48.5cm
ダイエットを決意した理由

30歳も中盤にさしかかり、さらに子育ても少し落ち着いたところで、自分を振り返ってみるとシルエットが残念なことに。娘が細身のお母さんをみて「私のお母さんとは違うね」とひとこと・・・。夏も目前の今。できるダイエットをしてきれいなお母さんに!と一念発起しました。

○○を細くしたい!

○○を細くしたい!おなか周りはなぜかお肉がつかない体質なので全体的な体重やBMIは普通からやせ型になる私。しかし、太ももや二の腕はぶよぼよなんです。
なのでいままでどうしたらいいのかわからず放置していたやせにくい太ももをしっかりとやせてやろうと今回決意!あるサイトで見つけた身長別の理想のふとももサイズ46.5cmを目指します!

身体の悩み

小さい頃から下半身太りで悩んできました。それがより顕著になっているのが現在。どうにか現状を変えたいな・・・・。

現在の食生活

基本的に主婦なので自炊ですが、忙しい時は出来合いのものやインスタントにもしっかりとお世話になってしまっているため、ダイエットとは程遠い生活。しかも午前中の仕事で忙しい時は昼食を抜くことも。間食も子供と一緒にスナック菓子やチョコレートを食べてしまいます。

今までやったことのあるダイエット

簡単めな糖質制限ダイエットを1年前にしてみましたが、家族と違うものを用意するのも面倒になり数日で挫折。効果はもちろんなし。

9時以降食べないダイエットは今も引き続き継続中ですが、晩酌をしながら食べてしまう日も週に1度はあるため、続けられるダイエットを捜し中です。

日常的な運動

子供を幼稚園に送っていく間の往復で合計30分間、小走りで運動しています。
寝る前に、肩こり・腰痛防止のヨガストレッチをできる日は15分間しています。血流よくなってやせやすい体になれればいいな。
あと、皿洗い中は青竹ふみを踏みながらつま先立ち&おしりの内側に力を入れて引き締め運動も欠かせません。

・ダイエット日記

※朝の計測は起床後、夜の計測は寝る前

ダイエット1日目(2018/05/29)
朝:体重 45kg 朝:体脂肪率 23% 朝:数値 48.5cm チョコレートダイエット
朝食 食前チョコレート 15g チョコレートダイエット
メニュー AM7:00ごろ
シリアルに牛乳をかけていただきます。息子のお弁当の日のため時間がなく手軽に済ませてしまいました。プラスうちのお庭の採れたてイチゴを。
朝食のカロリー 423kcal
昼食 食前チョコレート 15g チョコレートダイエット
メニュー PM1:00ごろ
朝食のようなメニューに。アスパラとウインナーを傷めて玉子でとじたものを雑穀パンへオン。時短だけどしっかり食べられるメニュー。スープも添えて。
昼食のカロリー 412kcal
間食 PM3:00ごろ
息子のお友達のおうちでおやつタイム。市販のクッキーを3枚いただきました。ダイエット期間中でなければもう少し食べていたところをぐっと我慢。友達にも宣言して1週間後の報告を約束していきました。モチベーションアップ!
間食のカロリー 155kcal
夕食 食前チョコレート 20g チョコレートダイエット
メニュー PM7:30ごろ
ムネがダイエットにいいと聞いて野菜と黒酢炒めに♪他はサラダともずくスープ。夕食はゆったり食べられます。
夕食のカロリー 455kcal
1日のカロリー合計 1445kcal
運動 子供と幼稚園の登園を小走りに30分間しっかりと運動。
家に帰ってふともも意識しながら床の拭き掃除をしてみました。
夜:体重 45.2kg 夜:体脂肪率 22.50% 夜:数値 48.5cm チョコレートダイエット
1日のチョコレート量 50g 合計280kcal
感想 「1日目チョコレート空腹感を抑える効果をすでに実感!」

チョコレートを食前に食べるだけの手軽さが私にはあってる気がします。でも20分前食べるのは少し慣れが必要かな?
5gを3枚とか食べるのでかなり食欲は押さえてくれるのでがっつかずにすみます♪

チョコレートダイエット
ダイエット2日目(2018/05/30)
朝:体重 44.9kg 朝:体脂肪率 23.10% 朝:数値 48cm チョコレートダイエット
朝食 食前チョコレート 15g チョコレートダイエット
メニュー AM7:00
イングリッシュマフィンにリンゴジャムでいただきました。無糖ヨーグルトにピンクグレープフルーツをトッピング♪
朝食のカロリー 471kcal
昼食 食前チョコレート 15g チョコレートダイエット
メニュー PM1:10
まぐろのたたき丼だけでさみしいですが時間がないのでさらっと急いでいただきました。
昼食のカロリー 606kcal
間食 雨で運動ができなかったので間食は抜きました!でもチョコレートを結構食べれているのでそこまで辛くないと感じられます。
間食のカロリー 0kcal
夕食 食前チョコレート 20g チョコレートダイエット
メニュー PM7:30
野菜メインでいただける八宝菜。カロリーを気にして玉子は少な目に。レタスチャーハンと餃子スープも。
夕食のカロリー 1057kcal
1日のカロリー合計 2134kcal
運動 幼稚園の行事に参加。室内で2曲ほど子供と踊ってきました。それだけでもゼイゼイ。体力強化したいところです。

ふともも太りの一因でもある骨盤のゆがみを直すストレッチを寝る前に取り入れました。(15分間)

夜:体重 45.1kg 夜:体脂肪率 24% 夜:数値 48cm チョコレートダイエット
1日のチョコレート量 50g 合計280kcal
感想 「2日目 変化なしで少し寂しいけどチョコには飽きていません」
明日くらいには数値に変化が欲しいなと思いながらも食べる量はおさえられているので期待しています♪
ダイエット3日目(2018/05/31)
朝:体重 44.9kg 朝:体脂肪率 23.50% 朝:数値 48cm チョコレートダイエット
朝食 食前チョコレート 15g チョコレートダイエット
メニュー AM7:10
昨日子供と作ったチーズパウンドケーキ。甘さ控えめで作ったのでいいでしょう!バナナと無糖ヨーグルトでおなかの調子もOK♪
朝食のカロリー 559kcal
昼食 食前チョコレート 15g
メニュー PM1:00
税務署の青色申告講座へ参加後、急いで買ったサンドイッチ。時間がなかったのが残念。
昼食のカロリー 535kcal
間食 PM1:30
昼食に食べ損ねたチョコレートをいただきました。
ほかのお菓子に気を取られそうになりながらもチョコ以外は食べず。食前が一番だけど食後も少しは意味があるということなので。20g
チョコレートダイエット
間食のカロリー 112kcal
夕食 食前チョコレート 15g チョコレートダイエット
メニュー PM7:00
和風パスタとサラダとオニオンスープ。さばのレモンバジルソテーも。パスタの量を減らしていただきました。
夕食のカロリー 754kcal
1日のカロリー合計 1960kcal
運動 講座を受けている間もうち太ももに力を入れながら椅子に座って内転筋を鍛えました!
あとは子供と15分、ダッシュで幼稚園から帰りました。
夜:体重 44.7kg 夜:体脂肪率 22.50% 夜:数値 47.7cm チョコレートダイエット
1日のチョコレート量 50g
感想 「3日目 体重が減らない・・泣きそう・・・もう少し運動量を増やそう」

でも体脂肪は落ち着いている!まだいける!甘味のあるもの、油っぽいものを極力減らして明日からも頑張ります!チョコレートにも少し飽き始めたけど、ほろにがな部分が助けてくれています♪

ダイエット4日目(2018/06/01)
朝:体重 44.5kg 朝:体脂肪率 23% 朝:数値 47.8cm チョコレートダイエット
朝食 食前チョコレート 15g チョコレートダイエット
メニュー AM6:30
少し早い時間に起きて食前チョコレートが食べられたので早い時間にグラノーラをいただけました。アメリカンチェリーと無糖ヨーグルトも♪
朝食のカロリー 492kcal
昼食 食前チョコレート 15g チョコレートダイエット
メニュー PM1:10
今日もお仕事で時間が押しましたね。以前作って冷凍保存しておいたたこ焼きを、ダイエット中なので明石焼き風でいただきました。
昼食のカロリー 576kcal
間食 PM3:00
とっても暑くてうなだれている子供たちとチューペットを一本いただきました。
間食のカロリー 48kcal
夕食 食前チョコレート 20g チョコレートダイエット
メニュー PM8:00
娘の習い事で夕食時間が遅め。たこ飯を作っておいたので楽♪鶏のガーリックソテーとかぼちゃの煮物、なめこと豆腐の味噌汁も。
夕食のカロリー 483kcal
1日のカロリー合計 1599kcal
運動 いい天気なので1時間ほど早歩きでウォーキングをしてきました。1週間と決めていることもあり頑張りたい気持ちになります♪
午後は子供とキックボードで年甲斐もなく足を酷使して遊びました。
夜:体重 44.7kg 夜:体脂肪率 23% 夜:数値 47.5cm チョコレートダイエット
1日のチョコレート量 50g
感想 「4日目 食前20分に食べるチョコレート習慣に慣れました!」
初めのころはどのタイミングでチョコレートを食べるのか難しかったのですがコツをつかんだようです。なれってすごい♪
体重も減ってきてるのもうれしい♪
チョコレートダースにしてみました。チョコレート効果よりも少し甘め。普通のチョコと変わらず食べられます。ネックは内容量が少ないこと。コスト面では難しいかも。
チョコレートダイエット
ダイエット5日目(2018/06/02)
朝:体重 44.5kg 朝:体脂肪率 22.5% 朝:数値 47.6cm チョコレートダイエット
朝食 食前チョコレート 15g
メニュー AM7:00
好きなお店のメロンパン。ダイエット中のため1個だけにしました。写真を撮り忘れてショック。
朝食のカロリー 360kcal
昼食 食前チョコレート 15g チョコレートダイエット
メニュー PM1:00
天気がいいのでお弁当を買って公園で食べました。小さめサイズの明太ツナ丼をチョイス!
昼食のカロリー 495kcal
間食 PM3:15
子供はいもけんぴを食べていたけど少し我慢!低糖のアイスコーヒーでしのぎました♪
チョコレートダイエット
間食のカロリー 70kcal
夕食 食前チョコレート 20g チョコレートダイエット
メニュー PM8:00
暑いので子供受け抜群の冷やし中華。鶏ささみで少しはヘルシーかな?子供リクエストのチーズ春巻きと軟骨から揚げも。
夕食のカロリー 889kcal
1日のカロリー合計 1814kcal
運動 天気が悪く、外で運動ができなかったので、家の中で空中自転車こぎを寝起きと家事の合間に合計20分ほど。
空中自転車こぎは実はすごいおすすめで、骨盤のゆがみなどにもいいんですよ!消費カロリーも違法ですし、無理なく運動できます♪
夜:体重 44.6kg 夜:体脂肪率 22.8% 夜:数値 47.3cm チョコレートダイエット
1日のチョコレート量 50g
感想 「5日目 3種類目のビターチョコレートを試してみました!」

今回は森永のカレドショコラ。黒の包み紙が高級感あります!味は甘みが抑えられていて食べやすい!甘いのが苦手な方におすすめ。内容量も多いのでコスパも◎。チョコの食べ比べをするのも楽しくて、続けるモチベーションにもなります。

チョコレートダイエット
ダイエット6日目(2018/06/03)
朝:体重 44.2kg 朝:体脂肪率 22.7% 朝:数値 47.5cm チョコレートダイエット
朝食 食前チョコレート 15g チョコレートダイエット
メニュー AM8:10
少し遅めのゆったり朝ごはん。ハムエッグマフィンで軽めにいただきました。
朝食のカロリー 311kcal
昼食 食前チョコレート 15g チョコレートダイエット
メニュー PM1:15
チャーハンにチゲ風の春雨スープ。量は少ないのですが、チョコレートを仕事中にいただくのであまり空腹を感じなくていい!
昼食のカロリー 624kcal
間食 PM3:00
とにかく夏のような日だったので熱さを紛らわすためにかき氷onアイスにしてみました。午前中しっかりと汗を流したので多めに見て。
チョコレートダイエット
間食のカロリー 250kcal
夕食 食前チョコレート 20g チョコレートダイエット
メニュー PM6:30
主人の大好きなカレー。辛口が好きなので私は生たまごを混ぜてからいただきます。カロリーが高くなるので悔しい。
夕食のカロリー 1139kcal
1日のカロリー合計 2324kcal
運動 子供と自転車でお出かけしてみました。もちろん太ももに負荷をかけるため♪
ポイントはサドルを上げて、ハンドルを下げること。少し前傾姿勢で運転することでダイエットに効果的なんです。
家族みんなで1時間きっちりサイクリングしました。
夜:体重 44.5kg 夜:体脂肪率 22.5% 夜:数値 47.2cm チョコレートダイエット
1日のチョコレート量 50g
感想 「6日目 ラストスパート!運動もします」
普段はほぼしていない自転車を取り入れてみました。子供も喜ぶし、ウォーキングよりもしっかりとカロリー消費ができるので◎。
食べた分はしっかりと消費します!
ダイエット7日目(2018/06/04)
朝:体重 44.1kg 朝:体脂肪率 22.4% 朝:数値 47.1cm チョコレートダイエット
朝食 食前チョコレート 15g チョコレートダイエット
メニュー AM8:20
寝坊してしまってリンゴとかも用意していたのに時間がなく・・・グラノーラとバナナのみに。ゆっくり食べれませんでした。
朝食のカロリー 454kcal
昼食 食前チョコレート 15g チョコレートダイエット
メニュー PM1:30
月曜は仕事が忙しいので、時間が十分に取れず。さらっといただける梅ぼしおかゆ。胃にやさしいのがうれしいお年頃です。
昼食のカロリー 262kcal
間食 今日も子供と一緒に抹茶かき氷を食べてしまいした。ダイエット中なので少量。写真を撮り忘れてしまいました。不覚。
間食のカロリー 40kcal
夕食 食前チョコレート 20g チョコレートダイエット
メニュー PM7:30
豆乳鍋にしてみました。柚子胡椒でいただくとおいしい♪もずくとオクラの酢の物と納豆を添えて。
夕食のカロリー 680kcal
1日のカロリー合計 1436kcal
運動 太もものむくみを改善するために1週間続けてきたのが、太もも周りのリンパマッサージ。
入浴中に、好みのオイルを使ってマッサージすることにママって毎日していました。とても優雅な気持ちになれるし、心なしかむくみがすっきりするので、やめられません。
夜:体重 44.5kg 夜:体脂肪率 22.3% 夜:数値 46.9cm チョコレートダイエット
1日のチョコレート量 50g
感想 「7日目 もう終わるのか!と少し寂しい気持ちに」
チョコレートダイエットの場合ははっきりとした食事制限がありませんでしたし、レシピを毎回工夫して・・・という手間もなく、手軽だっただけに1週間が早く感じられました。そして後半体重が減ってくれるのが分かったので、続けていきたい、辞めたら少し怖いなという気持ちにしてくれました。

・1週間後のダイエット結果

細くしたかった部分の変化
1日目の写真
細くしたかった部分の変化
7日目の写真

細くしたかった部分の変化
太もも48.5cm→47.1cm
細くしたかった太ももの付け根あたりが、写真でみてもわかるくらいの変化がありました!
これはもう希望通りです。欲を言えば理想はもう少し細くなってくれるといいのですが1週間でこれだけの変化を期待していなかったので驚きです!食事量が自然に減って、運動も心掛けたおかげかな?と感じます。

全体的な見た目の変化
1日目の写真
全体的な見た目の変化
7日目の写真

全体的な見た目の変化
全体的には自分から言うと気づかれるという程度ですね。スキニーをはいて、少し太ももが楽になったんだと自分から言えば、そういえば後ろ姿が多少違うかも!とママ友に評価してもらえました。
主人からは自分も一緒にダイエット続けるからこれからも頑張ってみたら?とたぶん好評です♪

体重の変化
1日目の写真
体重の変化
7日目の写真

体重の変化
体重45.0kg→44.1kg
体脂肪23%→22.4%
BMI18→17.6
1週間、無理なことはせず、大きな我慢もせずに、約1kgの体重減を達成できました!そして10数年の気がかりだったふともものぼてっと下部分も多少、少なくなったのが本当にうれしい!
チョコレートダイエットの前半は実は生理の時期と被ってしまい、体重変化が少なかったのですが、時期をずらせばもう少し減量できたのかも!?とも思います。

ダイエット以外の変化

基本的に食べる量を減らしたくらいのことしかしていないので、肌荒れなどはありませんでした!お通じも毎日だったのが2日に1回に減ったくらいで、便秘とまではいかずに助かりました。
ダイエットをするといつも貧血気味になってフラフラしてしまうのですが、そういうこともなく。チョコレートダイエットの良さじゃないかな?って感じます。

自分の頑張り度

自己評価:75点
忘れっぽい私ですが、効果的と言われる食前20分のチョコレートを欠かさず1日3回食べることができたので高評価にしました。
今まで見ぬふりをしてきた太ももへのアプローチ方法を調べて実践したりする中で、数値を減らし続けられたのがモチベーション維持できた理由だと思います。

これからチョコレートダイエットをやる人へのアドバイス

チョコ大好き、食前に時間が取れる方にとってもおすすめです。私の場合は在宅でお仕事なのでお昼の直前20分のチョコレートが食べやすかったのがよかったのかな?と思います。習慣化したらとっても続けやすいダイエットなので、ズボラさんにもおすすめです。
もちろん日々、15分とかでも気になる部分に注意した運動や引き締め運動をすると効果的ですよ!

1週間ダイエットの感想

ダイエットに対してこんなにストレスがないの有難かったです。甘いものを食べられる喜びと、カカオの効果でストレスが軽減されたみたい。カカオには冷え性の改善も効果があるそうなので、冬場にもぜひ試してみたいと感じました。
我慢しなくても食事量が減らせて、体重も減るなら私にはピッタリ!これからも続けて太ももやせをさらに目指したいと思います。

3.チョコレートダイエットの正しいやり方

2.チョコレートダイエットの正しいやり方

チョコレートダイエットは4つの点に注意するだけでよく、誰でも簡単に実践できます。

  • チョコレートダイエットに適したチョコを選ぼう
  • 食事の20分前にチョコレートを食べる
  • 1日に食べられるチョコレートの量は?
  • オススメのチョコレート

チョコレートダイエットは食前に血糖値を上げておく方法で、適したチョコレートの種類があります。
食べ過ぎても効果が半減してしまうため、ダイエット前に確認しておきましょう。

・チョコレートダイエットに適したチョコを選ぼう

チョコレートダイエットに適したチョコとは、「カカオ70%以上のチョコレート」です。
別名「高カカオチョコレート」ともよばれています。

通常のチョコレートのカカオ配合量は30~40%ですが、高カカオチョコレートは70%以上のカカオ含有量なのが特徴的です。
チョコレートの原料はカカオの種子で、これを発酵・焙煎したカカオマスに砂糖やココアバターなどを混ぜ合わせたのがチョコレートとして売られています。
カカオ配合量が多い高カカオチョコレートは、砂糖などの含有量が少なく、カカオマスの配合量が多いのが特徴的です。

カカオマスはたくさんの健康効果が期待できます。

  • ポリフェノールによる抗酸化作用
  • カルシウム、マグネシウム鉄、亜鉛などのミネラルによる効果
  • テオブロミンによるリラックス効果

これらの効果です。

カカオに含まれるポリフェノールは、赤ワインの約16.3倍もの量が含まれているといわれています。
ポリフェノールは血液サラサラ効果や、活性酸素を除去する効果が期待できる成分で、チョコレートは生活習慣病対策からアンチエイジングまで活用できるのです。

カカオポリフェノールを摂取すると、血圧を下げる効果が実験で確認されています。
チョコレートを販売する明治では、カカオポリフェノールの実験内容を公開しているため、参考にしてみましょう。

45~69歳までの347人に対し、毎日5gを5枚食べてもらう方法を4週間続けました。
すると摂取後の血圧が低下していることが認められ、もともと血圧が高かった人ほど効果があったとのことです。

カカオポリフェノールが小腸から吸収され、血管で炎症をおこしている部分に作用し、炎症を取り除いて血管を広げたためだと考えられています。
さらに実験では善玉コレステロールの増加も確認されているようです。
リンク⇒https://www.meiji.co.jp/chocohealthlife/news/research.html

もうひとつ高カカオチョコレートで注目したいのが、ミネラルでしょう。
とくにカルシウムとマグネシウムのバランスがよいことに注目してみてください。
カルシウムは骨に必要なミネラルで、神経の興奮を防ぎイライラ予防になるため、ダイエット中の方にもおススメの成分です。
マグネシウムも骨の生成や神経の興奮を抑え、酵素の働きをサポートし、血圧をコントロールするためダイエットにはかかせません。

2つのミネラルは働きが似ていますが、カルシウムだけが増えすぎると逆に血圧が上がり、動脈硬化をまねいて生活習慣病リスクがあります。
マグネシウムはカルシウムをコントロールする役割で、カルシウムだけが多すぎるような食事は健康によくありません。

適切なバランスとは「カルシウム2:マグネシウム1」です。
普段の食事でこのバランスを保つことは難しいのですが、チョコレートはもともとこのバランスが保たれているため、食べるだけで健康対策ができます。
カルシウムだけでなくマグネシウムもバランスよく含まれ、高血圧や動脈硬化予防に役立ってくれるのです。

さらに高カカオチョコレートで注目したいのがカカオマスに含まれるテオブロミンでしょう。
テオブロミンは気管支拡張作用、利尿作用があることから、その昔は医薬品としての活用もされてきました。
利用目的としては、高血圧、気管支喘息などです。

テオブロミンはさらに多数の健康効果が報告されています。

  • 抗うつ作用
  • 冷え性改善
  • 歯周病予防
  • 動脈硬化予防
  • ピロリ菌感染対策
  • 体重抑制の補助
  • 脂肪蓄積阻害作用
  • 脂肪燃焼促進作用
  • 脂肪吸収抑制作用

などです。
これらはマウスを使った実験や、人に対する実験でも作用が示されています。
リンク⇒http://www.oryza.co.jp/product/detail/cocoa_extract_koka

チョコレートでダイエット効果が期待できるのはカカオマスに含まれる成分で、糖分が多くなれば高カロリーとなってしまうため注意しましょう。
高カカオチョコレートのカカオ70%以上のものを選べば、糖質の摂取量を減らすことができます。

カカオ70%以上のものは食べると苦味がありますが、この味はカカオマスそのものの味で、ポリフェノールが多く含まれている証拠です。
最初は苦くて食べられなくても、何度か食べているうちに味に慣れてきます。

どうしても苦くて食べられない方は、カカオ含有量が高めのものから始めて、徐々にカカオ配合量が多いものに切り替えると、味に慣れやすいです。

・食事の20分前にチョコレートを食べる

高カカオチョコレートで血糖値を上げ食欲抑制効果を得るには、食前に食べることがポイントです。
血糖値が上がってから満腹中枢が刺激されるまで時間がかかるため、食事の20分前までに高カカオチョコレートを食べましょう。

満腹中枢は脳の視床下部にあります。
この部分が刺激されることで「もう食べなくても十分栄養が満たされている」と脳が判断することができるのです。

満腹中枢を刺激するには、胃に食べ物が十分入るか、血糖値が上がる必要があります。
血糖値の上昇には20分くらいかかるので、食事の前にチョコレートを食べましょう。

逆に空腹感を感じるのは、血液中に遊離脂肪酸が増えたときです。
遊離脂肪酸とは、体に蓄えていた脂肪が分解されできる物質のことです。
血糖値が低下してエネルギーが不足すると体の脂肪が分解されることで空腹感がおこるように体はできています。

ダイエットのために運動をしたら「異常にお腹が空いて食べ過ぎてしまった」という経験をしたことがある方もいるでしょう。
運動をして脂肪を燃焼させることはダイエットに必要なのですが、食欲が出て食べ過ぎの原因にもなるため、運動で逆に太る人もいるのです。

チョコレートダイエットなら無理な運動は必要なく、空腹感を上手くコントロールできるでしょう。
そのため「お腹が空いて食べ過ぎてしまう」方には最適なダイエット方法なのです。

・1日に食べられるチョコレートの量は?

チョコレートダイエットは高カカオチョコレートを活用するといっても、チョコレートである以上、糖質や脂肪分も含まれています。
チョコレートは脂肪分が多く高カロリーの食品ですから、食べ過ぎには注意しましょう。

すでに紹介したカカオの高血圧に対する実験では、5gを5枚で1日25gの摂取でした。
健康対策としては大量に食べる必要はなく、1日25gで効果が期待できるといえます。

次に考えておきたいのが、高カカオチョコレートに含まれる脂肪分の量です。
普通のチョコレートと比べて高カカオチョコレートは脂肪分が多いことがわかっています。
国民健康センターの調査によると、高カカオチョコレートは普通のチョコレートと比べて、1.2~1.5倍の脂肪分が含まれているとのことです。

仮に1日50gの高カカオチョコレートを食べると、20.4~26.8gの脂肪分を摂取することになります。
100g食べただけで成人女性に推奨される1日の脂肪分に達してしまうのです。
リンク⇒http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20080206_2.html

さらに注意したいのが、テオブロミンの摂取量です。
もともとテオブロミンは医薬品としても扱われる成分で、利尿作用や気管支拡張作用があります。
高カカオチョコレートはテオブロミンの配合量も高くなりやすく、持病のために医薬品を使っている人は注意が必要です。

とくに気管支拡張薬のテオフィリンなどを使っている方は、高カカオチョコレートの大量摂取で薬の作用が高くなってしまう可能性があるため注意してください。
薬を服用している人で考えられる副作用は、動悸や脈が速くなる症状です。

高カカオチョコレート100gではテオブロミン580~1,100mgが含まれていることは知っておきましょう。
リンク⇒http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20080206_2.html

総合的なことを考えると、健康やダイエット目的で高カカオチョコレートを食べる量は、1日に50gが適切だとされています。
高カカオチョコレートは1枚ずつ個別包装されている商品もありますので、1枚あたり何g含まれているか確認してから食べましょう。
リンク⇒http://fufufu.rohto.co.jp/series/jyoshiki/1915/2/

・オススメのチョコレート

コンビニやスーパーなどで売られている商品のなかにも、カカオ70%以上の高カカオチョコレートがあります。

以前の高カカオチョコレートといったら海外セレブ愛用スイーツで、海外では一般的に売られている一方で日本の商品は少なく、海外の商品を求めるしかありませんでした。
少し前の日本では高カカオチョコレートの知名度は低い傾向があったためです。
最近はチョコレートポリフェノールの効果も知られるようになり、高カカオチョコレートのニーズが増加したため安価で買えるようになりました。

チョコレートダイエットは以前メディアでも取り上げられることがあって、「チャレンジしてみた」という方もいたようです。
その当時は高カカオチョコレートを手に入れることが難しく、商品を手に入れられず挫折してしまった方もいるのではないでしょうか。

最近は高カカオチョコレートが手に入れやすくなったため、以前挫折してしまった方も、改めてチョコレートダイエットにチャレンジしてみましょう。
チョコレートダイエットにおススメなのは、次の3銘柄です。

【チョコレート効果】

【チョコレート効果】

出典:https://www.amazon.co.jp/%E6%98%8E%E6%B2%BB-%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E5%8A%B9%E6%9E%9C-%E3%82%AB%E3%82%AB%E3%82%AA72-%E5%A4%A7%E5%AE%B9%E9%87%8F%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-1kg/dp/B075X2R2SN/ref=sr_1_2?s=food-beverage&ie=UTF8&qid=1507602997&sr=1-2&keywords=%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E3%80%80%E5%A4%A7%E5%AE%B9%E9%87%8F

明治から販売されている高カカオチョコレートシリーズです。
チョコレート効果は「カカオ72%」「カカオ86%」「カカオ95%」と3種類のラインナップがあるため、好みに合わせて味が調節できます。
高カカオチョコレートになるほどポリフェノールが多くなるため、ダイエットや健康効果を高めたい方は、含有量が高いチョコレートを選んでみてください。

チョコレート効果は1枚ずつ個別包装で、カロリー、脂肪分、糖質の量も把握しやすいのが魅力です。
ネット通販では1kg含まれる大容量パッケージの販売もあります。

  • 用量 1枚5g、1日10枚まで
  • エネルギー 1枚28kcal、10枚あたり280kcal
  • 脂質 1枚2.0g、10枚あたり20g
  • 糖質 1枚1.6g、10枚あたり16g

【おいしいハイカカオ72%】

【おいしいハイカカオ72%】

出典:http://lotte-shop.jp/shop/g/g103853/

ロッテからも高カカオチョコレートの商品があります。
カカオ配合量は72%で、ドミニカ共和国産のカカオ豆を使用しているのが特徴です。

  • 用量 1粒4g、1日12粒までOK
  • カロリー 1粒25kcal、12粒あたり300kcal
  • 脂質 1粒1.8g、12粒あたり21.6g
  • 炭水化物 1粒1.7g、12粒あたり20.4g

【カレ・ド・ショコラ】

【カレ・ド・ショコラ】

出典:http://www.morinaga.co.jp/products/detail.php?id=PRD2014-06-0020

森永製菓から販売されている高カカオチョコ―レオです。
商品名のカレ・ド・ショコラとは、四角いチョコレートという意味を持っています。
カカオ配合量のラインナップは、カカオ70%とカカオ88%の2種類です。
よりカカオが多い商品も選ぶことができます。

1枚ずつ個別包装されているため、1日の摂取量も調節しやすいでしょう。
森永製菓の商品は、日本初の高カカオ商品として登場したものです。
数種類のカカオ豆をブレンドし、焙煎方法を工夫しています。

  • 用量 1枚4.8g、1日10枚までOK
  • カロリー 1枚28kcal、10枚あたり280lcal
  • 脂質 1枚2.0g、10枚あたり20g
  • 糖質 1.8g、10枚あたり18g

4.チョコレートダイエットの口コミ

3.チョコレートダイエットの口コミ

チョコレートダイエットに挑戦したくなった方は、ダイエットに取り組んで痩せた人の口コミをチェックしてみましょう。
SNSやネットで公開されている、チョコレートダイエットの口コミを調べてみました。

「食前一時間前には72%のチョコレート食べるんだけど、チョコレート嫌いになりそう
しかーし!
2日で体重は一キロ減った
わたしには食事制限こそがダイエット」
出典:https://twitter.com/mihoriman/status/986539402565332992
「チョコレートダイエット4日目。
体重71.1Kg→69.7Kg
体脂肪率20.3%→18.4%
血液型A Rh+」
出典:https://www.instagram.com/p/BSI_GjABuhX/?taken-by=teppan_king
「カカオ70%以上のチョコを食べるダイエット、継続中ですっ♡
1日50gを小分けにして、食前&間食として食べてます😋
ジムもちょこっと行ってるし夜の白ご飯抜きもゆるーく続けているので、コレの効果かは分からへんけど、10日で-1.5㌔♡
便秘改善と食欲減退には効果アリやと思います✨
カカオ70%でも結構甘いので、甘いもの嫌いな人はキツいかもですが。。。
私は甘いものデブ(๑•🐽•๑)なのでむしろ嬉しい!ノンストレス!✨
しばらく続けてみます♥」
出典:https://www.instagram.com/p/BRIbVJOD-pu/?taken-by=m_k_wedding_1014
「『チョコは糖尿病によく効く、ヘモグロビンA1cがこんなにさがった』 栗原 毅 著 前慶應義塾大学特任教授 栗原クリニック東京・日本橋院長
2016年9月30日に初版発行。お医者さんが書いてる本ですし、これは勉強になりますね。
自分の家系も、糖尿病持ちの家系なのでこういった情報には敏感です(^ ^)」
出典:https://www.instagram.com/p/BUHnQk9DNga/?taken-by=shingowada0607

チョコレートダイエットは医師も推奨する方法のようです。
糖尿病家系の方や、甘い物が好きで将来の糖尿病が心配な方にも、チョコレートダイエットはおススメします。

「私はおやつ好きで色々食べてたんですが、58kg→56kgに痩せましたよ。
痩せたというか便秘が解消できたと言う方が正しいかもしれません。
私が食べていたのは、明治とか森永の普通のミルクチョコです。
カカオの成分が多いブラックチョコは美味しくなかったから
食べれなかったからです。
ミルクチョコでも効果はありました。
食べる時間は、食前1時間前を除くお腹が空いたときです。
1日2枚(1枚100円くらいの)くらい食べました。
2~3週間で56kg痩せたし、リバウンドもないし
全然苦しくないからお勧めですよ。」
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q148724779

「チョコレートダイエット実行中です。
今のところ0.5kg減でまだまだ結果はわかりませんが、
私が食べているのは70パーセント以上のチョコです。
健康雑誌に書いてありましたが、カカオ70パーセント以上のチョコレートで一日50グラム空腹時や間食として食べます。
チョコレートダイエットをしている間は間食は控えます。
私が食べているのはカカオの恵みというチョコレートです。
値段も手ごろだしおすすめです。」
出典:https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1990463.html

チョコレートダイエットは食事制限と組み合わせると減量効果が大きくなり、食前に食べる方法や間食としては、ダイエット効果がゆっくりとなるようです。
「夏まで痩せたい!」と急いでいる方は食事制限とチョコレートを組み合わせて、食欲を抑える方法として活用してみましょう。
ダイエットしている実感を少なくしながら楽しく痩せる効果を期待する方は、食前や間食に高カカオチョコレートを食べる方法がおススメです。

5.まとめ

チョコレートダイエットの詳細を最後に簡単にまとめます。

  • 食事で血糖値の急上昇、急下降を防ぐこと
  • 合わせて食事の前に高カカオチョコレートをプラス
  • 1日に食べる高カカオチョコレートは50gまで
  • 冷えや血液ドロドロで血行が悪い人にもチョコレートダイエットはおススメ
  • チョコレートは食事の20分前に食べる
  • カカオ70%以上の高カカオチョコレートを選ぶこと

これらのルールを守るだけで、チョコレートダイエットは成功しやすくなります。

チョコレートは血糖値を上げて食欲を防ぐだけでなく、GABAやテオブロミンのリラックス効果や、食物繊維の便秘効果が期待できる方法です。
複数の効果でダイエットできる食品ですから、食事前にチョコレートを食べてみましょう。

☆チョコレートに関する記事をこちらのサイトで公開中♪

食べたくなる食材別・体が欲している成分 チョコレート|綺麗のトリセツ

▼この記事は参考になりましたか?
12345 
(0 投票, 平均点: 0.00)
(★を選択することで5段階評価ができます)
Loading...