バナナダイエットの効果的な方法とは?リバウンドしないバナナダイエットのやり方

数年前にバナナダイエットが流行りましたね。朝食をバナナに置き換えるという方法でした。
その後ブームは過ぎ去りましたが実際にバナナダイエットは効果があるのでしょうか?

ダイエットのためには自分で食事管理をすることが大切ですが、料理をするのが苦手という人も多いことでしょう。

そんな人におススメなのが「バナナダイエット」です。

基本的には1日1食をバナナに置き換えるだけのダイエット法のため、難しい調理や栄養管理の必要はありません。誰でも簡単に始めることができます。

今回はバナナダイエットの具体的な方法や効果をご紹介します。

一時期ブームになったバナナダイエットですが、現在も多くの人が実践しダイエットを成功させています。

どのようなダイエットをすれば良いか悩んでいる人に、是非一度試してほしいのがバナナダイエットです。
バナナの優れたダイエット効果をご理解いただき、ダイエットが成功することを願います。

1バナナダイエット経験者の口コミ

バナナを持つ女性
実際にバナナダイエットを行った人たちはどのような結果になったのでしょうか?
まずは体験者たちの口コミを集めました。

バナナダイエットを始めて2か月くらいたったころから徐々に体重が落ち始めました。
半年ぐらいで約8㎏減。現在も朝バナナを食べていますが、体重はキープできています。
昼と夜とバナナを数本食べるダイエットをしたところ、1週間で3㎏痩せました。
朝食はしっかりと食べるようにしていたため、特に体調が悪くなることもありませんでした。もう少し続けてみようと思います。
朝食をバナナと常温の水にし、夜はできるだけ高カロリーのものをやめるようにしたら3か月で2キロ痩せました。
バナナだけが理由ではないとは思いますが、とりあえず成果は出ています。
朝をバナナとヨーグルトにし、夜は普通に食べています。
一番の効果は便秘が治ったという点ですね。
頑固な便秘がなくなり毎朝スルッと出るようになりました。
そのおかげでぽっこりお腹もへこみました。
自分には合っているダイエット法ですね。
今日からバナナダイエットを始めました。
手軽に始められるのが良いですね。これなら続けられそうです。
朝、大きめのバナナ1本と水300ml飲んでいますが、すぐにお腹が空いてしまい昼まで持ちません・・・。
バナナの量を増やさないとダメかなと思っています。

手軽にできるダイエット法というもあって、バナナダイエット経験者は多数います。
そして成功した、楽しく続けられるという意見も多いです。

多くの人が成功させているバナナダイエット。
バナナを食べるだけでなぜ痩せられるのか?その理由については次章で詳しく説明します。

2バナナで痩せる理由

バナナのサイズ
甘くて美味しいバナナ。食べごたえもあるため、食べすぎると太りそうなイメージを持っている人も少なくないと思います。

しかし実際に多くの人がバナナダイエットで痩せることができています。
その理由をまとめました。

 

2-1豊富な栄養

アスリートや運動を行う人の中には、運動前後にバナナを食べる人も多いです。
バナナには豊富な栄養が含まれています。そのため栄養補給にはぴったりのフルーツとなっています。

★バナナに含まれる主な栄養素★
~三大栄養素~
タンパク質・脂質・炭水化物

~ビタミン類~
カロテン・ビタミンE・ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・ビタミンB6・葉酸・パントテン酸・ビタミンC

~ミネラル類~
カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・鉄

このように多種多様な栄養素を豊富に含んでいます。
健康を守り、ダイエットを成功させるためにはバランスよく栄養を摂る必要がありますから、栄養バランスの良いバナナを食べることによって、健康を損なわずダイエットを続けることができます。
バナナの栄養

 

2-2低カロリー

甘くてずっしりとしているバナナ。一見カロリーが高そうに思えますが実は低カロリーフルーツです。
バナナは1本で約80~100㎉です。ご飯はお茶碗1杯で大体200~260㎉。食パンは6枚切り1枚で166㎉くらいです。
バナナはとても低カロリーだということがわかりますね。ご飯やパンといった主食をバナナに変えることで摂取カロリーを抑えることができます。

バナナダイエットは食事をバナナに置き換えるダイエット法です。
主食とおかずを食べて、一食約500~800㎉摂取しているところを、バナナ1本に変えることで大幅なカロリーオフをすることができます。

 

2-3便秘解消

お腹

便秘はダイエットの大敵です。腸内に便が溜まると、消化吸収が悪くなりエネルギー代謝が落ちると言われています。エネルギーとして使われなかった糖質は脂肪としてカラダに蓄積されます。いわゆる肥満を引き起こしてしまうことになります。
食べたものをしっかりとエネルギーとして使うためには、便秘を解消することが大切です。

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があります。
水溶性と不溶性はそれぞれ働きに違いがあり、腸内環境を整えるためには両方をバランスよく摂る必要があります。
バナナは両方の食物繊維をバランスよく含んでいます。

また、バナナにはフラクトオリゴ糖という成分が含まれています。オリゴ糖は腸内まで届き、腸内で善玉菌のエサとなります。

バナナに含まれる食物繊維、フラクトオリゴ糖の働きにより腸内環境を整え、便秘を解消する効果が期待できます。
腸内がスッキリすることで、エネルギー代謝が活発になりダイエットを成功へと導きます。

 

2-4食欲を抑える

少しのご飯
バナナにはセロトニンという成分が含まれています。セロトニンはホルモンの一種で精神を安静させ、リラックスさせる作用を持っています。
体内のセロトニンが増えることによって、脳に刺激が送られ満足感を得ることができ、食欲を抑えることができると言われています。

またバナナには不溶性食物繊維が豊富に含まれています。不溶性食物繊維は胃の中で水分を含み何倍にも膨張します。胃の中が満たされることで満腹になり食欲を抑える効果も期待できます。

 

2-5むくみの解消

バナナにはカリウムが豊富に含まれています。
カリウムは体内の水分量を調整し、余分な水分を排出する働きをします。体内に水分が溜まってしまうことで引き起るのが「むくみ」です。
むくみによって顔や手足がパンパンになってしまうと、実際よりも太って見えてしまうものです。むくみを解消することで見た目をスッキリさせ、スタイル良く見せることができます。

足のマッサージ
また、むくみにより水分が体内に溜まってしまうと、血管が圧迫され血流が悪くなります。
そして、血流が悪くなると、栄養がカラダの隅々まで届きにくくなりエネルギー代謝が悪くなると言われています。
むくみを解消することによって、血流が良くなりエネルギー代謝が活発になり、肥満を防止する効果も期待できます。

むくみはダイエットの妨げとなります。バナナを食べてむくみを解消しましょう!

 

2-6エネルギー代謝アップ

  • 食物繊維によって便秘を解消しエネルギー代謝を活発にする
  • むくみを解消し、血流が良くなることでエネルギー代謝を活発にする

先ほど紹介したように、この2つのエネルギー代謝アップの効果がバナナにはあります。
実は、さらにもう一つ、エネルギー代謝をアップさせる作用をバナナは持っているのです。

それは「豊富な酵素」。
酵素は食べたものを消化する、エネルギー代謝を促すなどの働きをします。
胃の中に肉類や穀物などの消化しにくいものがあると、酵素はそれらを消化するために多く使われます。
それによりエネルギー代謝のための酵素が減り、エネルギー代謝が落ちると言われています。

バナナは酵素を豊富に含んでいます。また消化のスピードが早いです。
肉類や穀物の代わりにバナナを食べることで、消化のための酵素を無駄遣いせずに済みます。
多くの酵素が使われエネルギー代謝に使われるため、脂肪が蓄積してしまうのを防ぐことができます。
朝食

3バナナダイエットを成功させる3つのやり方

バナナダイエットは1食分をバナナに置き換える、言わば「置き換えダイエット」になります。
どのタイミングをバナナに置き換えるかによって、多少やり方に違いがあります。
成功させるためのポイントを含め、それぞれのやり方を詳しくご紹介します。

 

3-1朝バナナダイエット

朝食の代わりにバナナ1、2本を食べ、コップ1杯程度の常温の水を飲みます。
冷たい水はカラダを冷やし、代謝を落としてしまいます。常温の水を飲みましょう。
カラダを温める作用を持つ白湯でもOKです。
コーヒーやジュースなどは消化器官に負担をかけてしまうので飲まないようにしてください。

カットバナナ
バナナはゆっくりとよく噛んで食べるようにしてください。時間をかけることで満腹中枢が刺激され、少量でもお腹が満たされたように感じます。

朝食をバナナに変えることで、摂取カロリーを大幅に抑えることができます。
また、午前中から正午は排泄運動が活発になる時間帯です。
消化負担が少なく、食物繊維が豊富なバナナを食べることで排泄がスムーズに行われます。
頑固な便秘で悩んでいる人は朝バナナダイエットがおススメです。

【昼食の3~4時間前がベスト】
ゆっくり食べることで満腹中枢が刺激され一時的にはお腹は満たされます。
しかしバナナは消化が良いため、3~4時間ほどで消化されてしまいます。そのため昼食前にお腹が空いてしまう場合もあります。
朝バナナダイエットを続けられなかった人の多くは空腹が我慢できなかったという理由がほとんどです。

昼食の3~4時間前にバナナを食べることで空腹になりにくいです。生活リズムによって食べられる時間は限られているかもしれませんが、可能であれば昼食の3~4時間前に食べるようにしてください。
時計

【昼と夜は普通食でOK】
朝にバナナを食べたのであれば、昼食と夕食は普通に食べてOKです。
ただし、食べすぎには注意してください。ダイエット中だということを意識し、栄養バランスの良い食事をするようにしてください。

 

3-2昼バナナダイエット

朝食はしっかり食べないと力が出ないという人は、昼食をバナナに置き換えましょう。
やり方は朝バナナダイエットと同じくバナナを1、2本食べ、常温の水を飲みます。

昼食をガッツリ食べると午後は眠くってしまうという人にもおススメのやり方です。
ただし、空腹によってイライラしてしまわないように気をつけましょう。

お昼は会社や学校での付き合いがありバナナダイエットを行うにはあまり向いていませんが、朝と夜はしっかりと食べたいという人は昼バナナダイエットを行ってください。

【おやつはナッツかヨーグルト】
アーモンドミルク

夕食までの間、どうしてもお腹が空いてしまったらナッツかヨーグルトを食べましょう。ナッツは栄養が豊富なため、バナナだけでは補えなかった栄養を摂ることができます。
また、硬く食べごたえがあるため少量でもお腹が満たされやすいです。
ヨーグルトは乳酸菌が豊富なため、腸内環境を整える効果があります。

バナナダイエットだけでなく、いろいろなダイエットにおいてもおススメのおやつがナッツとヨーグルトです。

【朝食を食べない人は・・・】
朝はバタバタしていて朝食を食べない、元々朝食を食べる習慣がないという人は、お昼もバナナだけにしてしまうと夕食までお腹が空いてしまうことでしょう。

その場合はバナナの本数を増やしてください。それと同時に豆乳を飲むのもおススメです。朝食なし、昼食はバナナだけでは栄養不足になってしまいます。栄養が不足してしまうと、代謝が落ち、痩せにくくなってしまいます。
豆乳にはビタミンやミネラル、タンパク質などが豊富に含まれています。豆乳を飲むことで栄養不足を補うことができます。

 

3-3夜バナナダイエット

夜バナナダイエットは朝バナナダイエット、昼バナナダイエットとはやり方が違います。

夜バナナダイエットは夕食の20~30分前にバナナを1、2本食べ、常温の水を飲みます。その後の夕食は普通に食べてOKです。
食事をしてから20~30分後に満腹中枢が刺激されます。20~30分前にバナナを食べておくことで夕食の食べすぎを防ぐことができます。

夕食は1日のうちで最も摂取カロリーが高くなりがちです。バナナを食べておくことで摂取カロリーを抑えることが目的となります。
「置き換えダイエットは無理・・・」という人には夜バナナダイエットがおススメです。

【夕食は夜8時までに済ませる】
それぞれ生活リズムがあるためあくまでも理想ですが、夕食はできるかぎり夜8時までに済ませましょう。
就寝中は消費カロリーが減るため、夜遅くに食べてしまうと食べたものは脂肪になりやすいです。
ただしあまり早い時間帯に食べてしまうと、就寝前にお腹が空いてしまいます。生活リズムに合わせ夕食にベストなタイミングで食べるようにしてください。

【お腹がいっぱいになったらやめる】
事前にバナナを食べておくことで自然と夕食の量を減らすことができます。
この時、お腹がいっぱいにもかかわらず食べすぎないように気を付けてください。

食事は残してはいけない。という習慣がある人はあらかじめ夕食の量を減らしておきましょう。夕食の摂取カロリーを抑えるのが目的です。食べすぎないようにしてください。
ご飯を食べる女性

4バナナダイエットの注意点

バナナダイエットを行う際の注意点と抑えておきたいポイントをまとめました。
実践前に目を通しておいてください♪

 

4-11日1食のみ置き換える

食事をバナナに置き換えるのは1日に1食のみにしましょう。
バナナは栄養が豊富ですが、それだけではどうしても栄養のバランスが崩れてしまいます。
糖質もある程度摂っておかないとエネルギー代謝が落ちてしまい、痩せにくくなります。

またダイエットではタンパク質もしっかりと摂ることが大切です。
タンパク質は筋肉、臓器、肌、髪などの材料となります。タンパク質が不足すると健康や美容に悪影響を与えてしまいます。
筋肉量が減ることでエネルギー代謝も落ちてしまいます。

バナナは1食のみで他の食事はタンパク質、糖質も摂りながらバランスよく食べるようにしてください。
緑黄色野菜

 

4-2継続期間は2~3か月がベスト

口コミなどを見ると「1週間で3キロ痩せた!」「1か月で体重激減!」などの意見もありますね。
実際にバナナダイエットを行うと早い段階で効果を感じる人も多いです。
しかし、効果があったからとすぐにダイエットを止めてしまうとリバンドします。

ダイエットは継続することが大切ですが、バナナダイエットも例外ではありません。
継続することで徐々にカラダもリセットされ、痩せやすい体質に変わります。

効果があったからとすぐに止めてしまわず、2~3か月続けてみてください。
より高い効果を感じることができますよ。
スケジュール

 

4-3よく噛むこと

ダイエットにおいてよく噛むことは大切です。よく噛むことで満腹中枢が刺激され、少量でもお腹が満たされたように感じます。
バナナも良く噛んで食べるようにしましょう。

 

4-4アレルギーに注意

果物や野菜によってアレルギーを引き起こすこともあります。
果物ではキウイフルーツに続き、リンゴ、桃、バナナ、ブドウの発症例が多いです。
食べ物のイラスト
★主なアレルギー症状★

  • 唇や口の中がかゆくなる
  • 舌が痺れる・痛くなる
  • 吐き気・めまい
  • 胃もたれ・胃痛

さらに重症化すると、全身に蕁麻疹が出る、嘔吐下痢、のどが腫れて呼吸困難になるなどの症状が現れます。

アレルギーは大人になってからも発症します。バナナを食べてカラダに異変を感じたらすぐに食べるのをやめてください。
症状が重い場合はすぐに病院へ向かいましょう。

5バナナの食べ方アレンジ

バナナダイエットでは基本的に生のバナナを食べます。バナナは加熱すると含まれている栄養素や酵素が壊れてしまい、効果が薄くなってしまいます。

しかし、毎日同じ味では飽きてしまうのも事実ですね。
そんな時には少し手間を加えて、味を変化させましょう。
調理法次第ではダイエット効果がアップする場合もあります。

 

5-1焼きバナナ

焼きバナナ
バナナは温めることで含まれるオリゴ糖が約20%増えるとされています。
オリゴ糖は腸内で善玉菌のエサとなるため、温めたバナナを食べることで腸内環境改善効果がアップすると言われています。
また温めたバナナを食べることで、熱が胃腸に伝わり活動が活発になるとされています。
焼きバナナを食べることは、便秘解消、腸内環境改善効果をアップするために有効な方法です。

焼きバナナの作り方はとても簡単。
食べやすい大きさにカットしたバナナをレンジで40~50秒ほど温める、フライパンで1分ほど温めるだけでできます。

 

5-2オリーブオイルと合わせる

オリーブオイル
焼きバナナを作るときにオリーブオイルと合わせるのもおススメです。バナナと一緒に加熱することでバナナがコーティングされ、腸内での滑りが良くなり排出しやすくなります。

またオリーブオイルは高い抗酸化作用を持っているため、美容や健康への効果があります。
美肌やアンチエイジング、生活習慣病の予防などに役立ってくれます。

フライパンでバナナを焼く時には小さじ1程度のオリーブオイルをひいて焼きましょう。
レンジでチンして温めたバナナに小さじ1程度のオリーブオイルをかけてもOKです。

 

5-3バナナホットヨーグルト

バナナヨーグルト
ヨーグルトにはたくさんの乳酸菌が含まれており、腸内環境を整える効果があります。
またバナナとの相性も良いですね♪

冷たいヨーグルトと一緒に食べても良いですが、おススメはホットヨーグルトと合わせるという方法です。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌の働きは加熱してもほぼ変わらないと言われています。
また温かいヨーグルトを食べることで、体内が温まりエネルギー代謝がアップし脂肪の蓄積を防ぐ効果もあるとされています。

バナナとホットヨーグルトを合わせることで、ダイエット効果アップが期待できます。

6バナナは優れた栄養食~その効果~

バナナはたくさんの栄養を含んでいるため優れた栄養食でもあります。
そのため、ダイエット以外にもカラダに様々な効果をもたらします。
健康に美しく痩せるためにバナナを活用しましょう!

 

6-1美肌・美髪

お肌のきれいな女性
バナナには髪や肌の健康を保つビタミンB2、肌の潤いを保つ防ぐビタミンB6が含まれているため、美肌や美髪の効果が期待できます。
また高い抗酸化作用を持つポリフェノールも含まれています。肌の老化のもととなる活性酸素を除去し、肌を老化から守り美肌作りをサポートします。

 

6-2スタミナの向上

バナナにはいろいろな糖質が含まれており、それぞれエネルギーに変わる速度が違います。素早くエネルギーに変わり、その後も効果は持続します。
運動前にバナナを食べておくことで、バテにくくなります。
ランニングする女性
 

6-3ストレスの緩和

バナナに含まれているトリプトファンは体内でセロトニンに変わります。セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれており、リラックス効果を持っています。
また、心の安定効果のあるマグネシウムも含んでいるため、ストレスを緩和する効果が高いと言われています。

 

6-4二日酔いの予防

バナナにはアルコールの分解を促進するナイアシンが含まれており、カリウムはアルコールを含む水分の排出をスムーズにします。
さらに、ビタミンB1には疲労回復効果があります。
お酒のおつまみにはなりにくいですが、お酒を飲んだ後にバナナジュースを飲んでおくと二日酔いの予防になります。
バナナと牛乳

7まとめ

バナナダイエットは「1食をバナナに置き換える」「夕食前にバナナを食べる」の2つの方法があります。
基本的なルールはそれだけですので、誰もがやりやすいダイエット法です。

最初はバナナだけではお腹が空くかもしれません。1食1~2本が目安ですが、空腹が我慢できない場合は本数を増やしても良いです。
カラダが慣れていくと自然と本数を減らすことができます。
最初は無理をせずに、少しずつバナナダイエットにカラダを慣らしてください。

今回バナナダイエットについてご紹介しましたが、この記事が役に立てることを心から願います。

▼この記事は参考になりましたか?
12345 
(0 投票, 平均点: 0.00)
(★を選択することで5段階評価ができます)
Loading...