絆創膏ダイエットはテクニックいらずのダイエットだった…!

絆創膏ダイエット

運動が苦手、食べることは大好きだけど痩せたい・・・。
しかし、これだと痩せることは無理だとダイエットを諦めてはいませんか?

そんなとき、苦痛を感じないダイエット方法があれば、やってみたいと思いますよね。

このページで紹介しているダイエットは「絆創膏ダイエット」です。ひとことで言えば、絆創膏を貼るだけのダイエット方法です。

実はこのダイエットを発案したのは、鍼治療を行っている先生。
ツボのはたらきに着目し、ダイエットに活用できないかと考案されました。世の中には誰が言い出したのかわからない、根拠のないダイエット方法も多いですが、発案者が分かっているだけでも絆創膏ダイエットが安心して行えるものに感じます。

今回は、その絆創膏ダイエットのやり方を紹介します。絆創膏を貼る場所や、絆創膏の種類、気になる部分痩せ効果や、併用しやすいダイエットの紹介、口コミなど、絆創膏ダイエットのすべてがわかります!

絆創膏ダイエットでみなさんのダイエットが成功しますように!

絆創膏ダイエットとは

絆創膏ダイエット
絆創膏ダイエットは、三重県多気郡ではり治療院を開設する沼田光憲先生が発案された「絆創膏を貼るだけでOK」という簡単なダイエット法です。
鍼の先生がこれまでの経験や知識を用いて考えられたダイエット方法なので、期待と安心感がありますよね。

自宅に常備されている絆創膏以外に特別に準備するものもないため初期がかからないのも魅力です。

絆創膏ダイエットの効果

絆創膏ダイエットは、どこでもいいから絆創膏を貼ればいいというものではありません。ダイエット効果のあるツボに絆創膏を貼ることで効果が得られるので、絆創膏を貼る場所によって効果が変わります。

1)中極(ちゅうきょく)

この中極の効果は、おなか痩せと腎臓のはたらきを良くするというものです。よって、むくみ解消効果、下半身の血行不良を改善する効果があります。

場所は恥骨から親指1~2本分上、おへそからまっすぐ下に、指幅4本分下がったあたりにあります。押すと痛いと感じる部分です。
頭から足の先までの中間の場所にあるツボなので、上半身下半身の両方に効果のあるツボです。

ツボの場所を起点として、真下に向かうように絆創膏を貼りましょう。絆創膏のサイズはSもしくはMがいいでしょう。

絆創膏ダイエットのつぼ

場所的に貼りにくさを感じる人もいるかと思います。その場合は、寝た姿勢で貼ると絆創膏が貼りやすいようです。お試しください。

2)三陰交(さんいんこう)

内くるぶしから指4本上にあるツボです。
絆創膏ダイエットのつぼ
つぼの箇所が冷えていたり、押すと痛みがあったりする方は、身体全体が冷えてしまっています。そういった方は下痢や生理痛、頭痛、倦怠感、食欲不振といった不調を抱えている方もいるかもしれません。
このつぼを刺激することで冷えを解消し、下半身太りにも効果的だと言われています。

また、この三陰交は子宮や卵巣などの生殖に関わる器官のはたらきを良くしてくれるとも言われており、安産、更年期の辛い症状、生理痛、生理過多、自律神経失調症、消化器系の症状にも効果があります。

3)血海(けっかい)

膝の内側の皿から指2本上にあるツボが血海です。
絆創膏ダイエットのつぼ
名前の通り、血の流れを良くする効果があるため、三陰交と同じように冷えを解消することによって、むくみを解消することができます。

また、肩こりや生殖に関わる器官のはたらきを良くする効果もあるため、ホルモンバランスを整えてくれる作用も期待できます。
ホルモンバランスが乱れているとおきる症状の1つに“代謝が悪くなる”というものが挙げられますから、ホルモンバランスが改善することで痩せやすい体質になれるかもしれませんね。

4)下関(げかん)

耳の穴から頬骨に向かって辿っていくと骨がくぼんでいる部分があります。分かりにくいという人は、口を大きく開けてみてください。この際に、骨が持ち上がる場所があります。この場所を下関と言います。
絆創膏ダイエット顔用
下関は顔のむくみやほうれい線など、顔に関する悩みに効果のあるツボです。

下関は顔の悩みだけではなく、歯の痛みや耳鳴りにも効果のあるツボです。

顔に絆創膏を貼る場合は、お出かけの際に外すことを忘れずに。

絆創膏ダイエットの注意点

絆創膏ダイエット
絆創膏ダイエットにはいくつかの注意点があります。注意点を守ることで、効果が表れやすくなります。

1)絆創膏の貼り方にはコツがある!

絆創膏はツボを起点とし、起点に絆創膏の端の部分をあてて引っ張るように貼ります。
絆創膏ダイエットは、ツボに溜まった気に絆創膏を貼って、刺激を与えることで気の流れをよくし、効果を得るものです。やわらかいガーゼの部分がツボに当たらないようにしましょう。

2)どんな絆創膏を使うのか

絆創膏のサイズはSサイズのものを使うようにしましょう。どうしても手に入らないときはMサイズでもいいのですが、あまりお勧めできません。

絆創膏がない場合はマスキングテープでも代用できるとは言われていますが、肌へ直接触れるように作られてはいないため、やはり絆創膏が好ましいでしょう。

3)皮膚が弱い方は注意

肌が弱い方は絆創膏が刺激になってしまうかもしれません。ケガをしたときは治るまでの間しか絆創膏を貼りませんが、ダイエット目的の場合は長期間張り続けることになります。
もしも皮膚にかゆみやかぶれを感じた場合は、絆創膏ダイエットはお休みしましょう。

4)絆創膏の交換時期

絆創膏は最低でも1日1回は取り換えましょう。汗をかきやすい時期は粘着力が弱くなりやすいため、2~3回の交換が必要になるでしょう。

絆創膏ダイエットは1ヶ月ほど続けた方がいいと言われています。そのため、必要になる絆創膏も結構な枚数になりますので、大容量のものを購入する方が良さそうです。
絆創膏ダイエット

併用しやすいダイエット法

絆創膏ダイエットは、短期的に劇的な効果を得ることができるダイエットではありません。少しでも早くダイエット効果を得たいと思うのであれば、やはりそのほかのダイエットを併用した方がいいでしょう。

絆創膏ダイエットをしたいという人の多くは、運動が苦手だったり、食事制限ができなかったりする人が多いようです。
そのような傾向を見ると、併用するダイエットは限られてきます。

・もち麦ダイエット

~主食の白米をいつもの白米にもち麦を混ぜたものに変えたり、もち麦をサラダやスープに入れて食べたりする方法です。簡単でおいしいと人気があります。

もち麦ダイエットならおいしく痩せられる!効果やレシピ、口コミなども紹介♪

【管理栄養士監修】もち麦ダイエットならおいしく痩せられる!効果やレシピ、口コミなども紹介♪

・腸内フローラダイエット

~腸内環境を整えると代謝アップや便秘解消などの効果が得られます。腸の健康はダイエットの基本!ツボの効果をより高めてくれるのでぜひ注目したいところです。

腸内フローラダイエットで痩せ体質に~ダイエットのカギは腸内環境のデブ菌・ヤセ菌にアリ!

【管理栄養士監修】腸内フローラダイエットで痩せ体質に~ダイエットのカギは腸内環境のデブ菌・ヤセ菌にアリ!

・踏み台昇降ダイエット

~階段や踏み台の上り下りをするだけ。運動が苦手な方にも挑戦しやすい簡単なダイエット方法です♪

踏み台昇降でダイエット!下半身痩せ&代謝アップ♪

踏み台昇降でダイエット!下半身痩せ&代謝アップ♪

他にも、ダイエット効果のあるサプリメントを飲む、ダイエット効果があるお茶を飲むなど、運動が苦手な方やあまりお金や時間をかけられないという方にもピッタリなダイエット方法もあります。

絆創膏ダイエットの口コミ

嘘だと思ってばんそうこうを貼ってみました。貼るだけなのに、痩せることができて嬉しくてたまりません!!
絆創膏を貼ると、なぜかお通じが良くなる気がします。これまで便秘がいつものことだったのに、3日連続おばんそうこうを貼るだけ~と気楽な気持ちではじめたダイエットですが、1日2回貼りかえることを日課として1ヶ月、ただそれだけで2㎏のダイエットに成功しました。通じがあるなんて何年ぶりだろう?
絆創膏を毎日同じところに貼っていたのですが、肌が弱いせいかかぶれてしまいました。私には向いていなかったみたい。赤い湿疹ができてかゆかったです。
効果を出すために結構引っ張って貼ってみましたが、皮膚が引っ張られて痛みを感じました。丁度良いくらいを見つけるのが難しいですね。

まとめ

絆創膏ダイエットは、ダイエット効果のあるツボに絆創膏を貼るダイエット法です。

1ヶ月くらいの継続で、多くの人が効果を得ています。使用する絆創膏はSサイズの小さいものが望ましく、どうしても手元にないという人でもMサイズのものを使用するようにしましょう。
絆創膏は1日1~2回を貼りかえた方が良さそうです。

絆創膏ダイエットで重要なことは、どのような効果を狙っているかということを明らかにし、その効果のあるツボに絆創膏を貼らなくてはならないというものです。ダイエット効果と言っても、腹部痩せもあれば、全体のむくみを解消するというものもあります。ツボによって効果が異なります。

絆創膏ダイエットの効果が得られる人の特徴として、体全体が冷えていてむくみやすかったり、便秘をしやすかったりすることが挙げられます。
ただ、絆創膏ダイエットは運動も食事制限もいりません。ということは、それらのダイエットに比べると、効果が表れにくいということが言えます。少しでも早く効果を得たいという人は、そのほかのダイエット法を同時に実践していく方が建設的と言えます。

絆創膏ダイエットを選ぶ人の多くは運動が苦手だったり、食事制限が難しかったりすることが多いのですが、それらのことが関係ないダイエットもあります。それらのダイエットを並行して行うと良さそうです。

■絆創膏といえば救急箱の必需品!
救急箱に関連した記事をこちらのサイトでも公開してます♪

常備薬の万能薬ベスト4!救急箱に入れておくべきリスト|綺麗のトリセツ

▼この記事は参考になりましたか?
12345 
(0 投票, 平均点: 0.00)
(★を選択することで5段階評価ができます)
Loading...